2種:2018北信越高校体育大会

今日から北信越大会!

この週末の新潟県の高校サッカーは、北信越総体が行われます!
そのため1週だけですが、プリンスリーグやNリーグはお休みとなります。

 

北信越総体は、新潟、長野、富山、石川、福井の各県で行われたインターハイ予選の優勝チームと準優勝チームが参加します。合計10チームですね。

昨日僕のツイッターに先行してあげましたが、もう一度組み合わせを確認しておきましょう↓

今年はなんと僕の地元である新潟県で開催されます!
さらに、僕の個人的な大ホームでもある長岡ニュータウン運動公園で行われます!!やった!!

長岡ニュータウン運動公園へのアクセスはこちらにまとめてあるので確認お願いします。

 

新潟県勢である新潟明訓と帝京長岡は決勝でしか当たらない組み合わせとなりました。

明訓と帝長が決勝まで進んでこの間の決着つけようぜ!…ってのが一番僕にとっては理想なんですが、なかなかそういうわけにはいきません。

帝長の山にはプリンスでもライバルとなっている石川県の星稜がいます。今年もインハイ石川県予選を順当に制したようです。
また、今年の頭の選手権で全国4強に輝いた長野の上田西もいます。

明訓の山には新潟県勢にとっては格上となる富山第一が控えていますね。ただ、高校年代最高峰のリーグであるプレミアリーグEASTで戦っている富一は、現在リーグ戦で5試合を戦い1分4敗と苦しんでいます。
ただ不調でも、インハイ富山県予選ではしっかりチャンピオンになっているのであなどることはできません。

さらにリーグレベルでは格下の他のチームも要注意ですね。
やはり全てのチームが厳しい各県のインハイ予選の決勝まで上がってきたチームですので、ある程度の力を持ったチームであることは間違いないです。
もしかしたら天皇杯のようなジャイキリが起こるかもしれません。

 

昨日から世間ではワールドカップが始まりましたが、こちらの方も声援をよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です