Jリーグ

アルビ、久保建英選手にやられました

3月14日(水)
ルヴァン杯グループA#2 FC東京 1-0 新潟 @味スタ

試合データ→https://www.jleague.jp/sp/match/leaguecup/2018/031401/live/#coach

 

今年J2勢としてルヴァンカップに参戦しているアルビ、今季初黒星ですね。FC東京は今季公式戦初勝利だったようです。

アルビは普段出場機会のない控え組のメンバーを先発させたのに対して、FC東京は主力組を中心としたいわゆるガチメンで挑んできました。

そして得点を決めたのが、いろんなメディアで注目されている久保建英選手でしたね。途中出場ながらしっかり仕事をしましたね。

今試合プロ初先発のDF29渡辺泰基選手は、「年齢に関係なく、ひとりのプロ選手として負けたくなかった」と話しています。詳しくは→https://web.gekisaka.jp/news/detail/?239755-239755-fl

 

主審が西村雄一さんだったようですね。ツイッターを見てみるといつも通り安定した試合の裁き方だったそうです。J2の審判見ていると、よくわからん裁きする審判がいるのでやっぱり羨ましいですね。あまりこういうこと言いたくないのですが、時には審判も味方につけないとですからね。

 

次はアウェーのJ2横浜FC戦です。

 

ルヴァン杯ホームページ→https://www.jleague.jp/sp/leaguecup/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です