2種:2018インターハイ新潟

北越高校-帝京長岡高校【インターハイ2018新潟県大会:準決勝第1試合】

試合概要

2018.6.2(土)
第71回 新潟県高等学校総合体育大会 サッカー競技大会
準決勝 第1試合(70分マッチ)
@新発田市五十公野公園陸上競技場

北越高校 0-1 帝京長岡高校
>前半0-1
>後半0-0

ユニフォーム:北越→  、帝京長岡→  
リーグ:北越→プリンス、帝京長岡→プリンス

●得点者
(帝京長岡)
前半16′⑨冬至 直人
(北越)

 

北越先発メンバー

GK
①飯田 千希(3年/上越春日FC)
DF
②斎藤 拓(3年/グランセナ新潟FCJY)
③中野 郁弥(3年/シバタFC)
④今井 皐世(3年/FCステラ)
⑤藤吉 玲依(2年/新潟トレジャーFCJY)
MF
⑥筒井 隆斗(3年/グランセナ新潟FCJY)
⑦高月 創太(C)(3年/湘南ベルマーレU-15小田原)
⑧河野 一輝(3年/湘南ベルマーレU-15小田原)
⑯浅野 俊輔(2年/新潟市立山の下中)
FW
⑨庄内 碧(2年/新潟市立山の下中)
⑩小林 心(3年/グランセナ新潟FCJY)

北越サブメンバー

GK
⑰甲斐 雅基(2年/グランセナ新潟FCJY)
DF
⑫大木 健(3年/スエルテFC)
㉑永野 太一(3年/新潟アカデミーJY)
㉓高橋 一斗(3年/柏崎ユナイテッド)
㉔棚橋 伶央(2年/新潟アカデミーJY)
MF
⑪坂本 元悠(3年/P.S.T.C. LONDRINA)
⑬渡辺 史虎(3年/プリマサーレ上越JY)
⑭宮川 共栄(3年/上越春日FC)
FW
⑱田中 翔(2年/スエルテFC)

 

帝京長岡先発メンバー

GK
①土岡 優晟(3年/長岡JYFC)
DF
②小泉 善人(C)(3年/長岡JYFC)
③長渡 彗汰(3年/長岡JYFC)
⑥手塚 克志(3年/上松町立上松中)
⑩丸山 喬大(2年/新潟トレジャーFCJY)
MF
④吉田 晴稀(2年/長岡JYFC)
⑧本田 翔英(2年/長岡JYFC)
⑫中島 颯太(3年/エスプリ長岡)
⑭谷内田 哲平(2年/長岡JYFC)
FW
⑨冬至 直人(3年/泉クラブ)
⑪晴山 岬(2年/長岡JYFC)

帝京長岡サブメンバー

GK
⑰猪越 優惟(2年/FCみやぎバルセロナ)
DF
⑤吉田 勇介(2年/長岡JYFC)
MF
⑦田中 克幸(2年/FC Viparte)
⑬礒貝 飛那大(3年/エスペランサ熊本)
⑱矢尾板 岳斗(2年/長岡JYFC)
⑲青山 慶紀(2年/FC SOUTHERN)
㉕小林 将司(2年/さいたま市立土合中)
FW
⑯小池 晴輝(3年/長岡JYFC)
㉓関 健斗(3年/長岡JYFC)

 

交代

(北越)
後7′⑥筒井→⑭宮川
後12′⑨庄内→⑪坂本
後24′⑧河野→⑱田中
後28′⑯浅野→㉓高橋

(帝京長岡)
後11′⑨冬至→⑦田中
後33′⑫中島→⑲青山
後35′⑪晴山→⑤吉田勇
後38′⑲青山→㉓関

 

前半

10′北越:⑤藤吉のクロスは相手GKが弾く→CKから得点は生まれない

13′帝長:⑪晴山のペナルティエリア左からのシュートは相手GKが弾く

16′帝長:相手ゴール前がら空きとなりチャンスが生まれるがシュートできない

16′帝長:ゴール!⑨冬至のゴールで先制、北越0-1帝長

21′北越:ボールをゴール前まで運ぶも相手GKがしっかり押さえる

34′北越:FK獲得も得点とはならない↓

前半終了:北越0-1帝長

→16分に帝長が⑨冬至のゴールで先制、チャンスは帝長が多く作る。
両GKともに危ない場面があったがそれぞれシュートを防ぐ。終了間際に北越がFKで得点のチャンスもゴールとはならない。

 

後半

1′帝長:FKは枠内に入るも北越GK飯田が弾く↓

12′帝長:ゴール前でチャンスを作るもシュートできない

14′北越:クロスを⑩小林がヘッドで合わせるも相手GKが防ぐ

27′帝長:連続のCKは得点につながらない

AT+4′

試合終了:北越0-1帝長

→後半開始直後、今度は帝長がFKのチャンスも北越GK①飯田がしっかり弾く。14分、北越はクロスを⑩小林がヘッドで合わせるも相手GKが防いだ。
終盤は連戦の疲れからか脚の痙攣を起こす選手が続出。試合は帝長が1点を守り切り、帝長が決勝進出を決めた。

 

感想

過密日程の中、両チームの皆さんお疲れ様でした。試合の終盤は脚がつる選手が何人かいて大変そうでしたね。

今日負けた北越は残念ながらインハイ予選はここまでとなります。

後半は北越の時間帯が多かったように思えます。また、後半開始直後のGK飯田選手の枠内に入ったボールを防いだシーンは素晴らしかったですね。
来週からはトップチームはプリンス、セカンド以降のチームはNリーグが再開されます。言葉で「切り替える」と言えば簡単ですが、なかなかそうはいかない選手もいると思います。
ここで一度切って、また来週に向けて徐々にコンディションを戻していければいいのではないでしょうか。

まだまだシーズンは続きますし、選手権もあります。
今後どのような戦いを見せてくれるのか、期待しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です