2種:2018インターハイ全国(東海)

インハイ準々決勝まとめ!【インターハイ2018~サッカー競技男子~】

はい、ということで今日行われた準々決勝の結果はこの通りとなりました。
それでは少しずつになりますが、それぞれどのような試合展開だったか見ていきましょう。

 

桐光学園(神奈 5-0 富山第一(富山)

試合は桐光が圧倒する展開に。
前半5分、桐光⑩西川が先制ゴール。26分には③金子が追加点、前半アディショナルタイムに本日2点目となる⑩西川が3点目を奪う。
後半は21分に2年生⑯佐々木ムライヨセフが4点目を上げ、後半終了間際の33分には2年生でJ注目の⑩西川が本日ハットトリックとなる5点目を上げ試合終了。
桐光学園は8年ぶりの4強進出となった。

 

昌平(埼玉①) 2-1 大津(熊本)

試合は後半アデショナルタイムに決着。
前半はスコアレス。後半23分に昌平⑧原田のPKで昌平が先制。
後半30分、今度は大津がPK獲得。⑧大竹のPK成功でゲーム残り5分とアディショナルタイムのところでゲームは振り出しに。
試合はPK決着と思われた後半アディショナルタイム、昌平⑧原田の劇的ゴールで試合終了。
昌平は2年ぶり4強進出。

 

山梨学院(山梨) 3-2 日章学園(宮崎)

試合は点の取り合いに。
前半終了直前に日章⑪鈴木が先制点を上げたところで前半終了。
後半開始直後に山梨⑧平松がゴールを上げゲームは振り出しに。後半15分、日章⑩河原が2点目のゴールで日章が再びリードを奪う。後半22分、山梨⑩宮崎がゴールを上げ再度ゲームは振り出しに。
後半28分に再び山梨⑩宮崎が本日2点目となる3点目を上げ、今度は山梨が1点をリードする展開に。
試合は山梨が1点のリードを守り切り試合終了。山梨学院は史上初の4強進出となった。

 

東山(京都) 2-1 三浦学苑(神奈川②)

前半はスコアレスで試合は動かず。
後半28分、ついに試合は動く。三浦⑫鈴木のゴールでようやく先制点が生まれるが、3分後の後半31分に東山⑩久乗のゴールでゲームはすぐに振り出しに。
このままPKかと思われたが後半アデショナルタイム、東山④飯田の劇的ゴールで試合終了。
東山も史上初の4強進出となる。

 

まあ、こんな感じですかね。桐光と富一の試合以外はすべて接戦でした。

夏の祭典も残り3試合となりました。明日行われる準決勝のカードです。

・桐光学園(神奈川②)-昌平(埼玉①)
@三重交通G スポーツの杜 鈴鹿メイングラウンド
11:00

・山梨学院(山梨)-東山(京都)
@四日市市中央緑地陸上競技場
11:00

選手の皆さん、連戦と猛暑でお疲れだと思いますが、今日はしっかり休んで明日の準決勝に挑んでください。
それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です