2種:2018インターハイ新潟

2018第71回新潟県高等学校総合体育大会サッカー競技:1回戦ハイライト @大原運動公園

かとう
かとう
インターハイ新潟県予選がおととい開幕しました。
僕は1回戦を大原運動公園で観戦しました。行われた3試合を振り返ります。

長岡大手ー糸魚川

2018.5.26(土)
平成30年度インターハイ新潟県予選
1回戦(70分マッチ)

長岡大手高校 3-0 糸魚川高校
(0-0、3-0)

ユニフォーム:長岡大手→  、糸魚川→  
リーグ:長岡大手→3部A、糸魚川→4部D

●得点者
(長岡大手)
後半1′⑩野中 元哉(PK)
後半5′?
後半16′⑩野中 元哉
(糸魚川)

●前半
前半はほぼ互角の内容、31分に大手がFKを獲得しチャンスとなるが得点とはならなかった。どちらが先に先制点を上げることができるか。

●後半
序盤に大手が⑩野中選手のPKで先制、その後すぐに2点目を追加すると試合は大手ペースに。糸魚川はチャンスを作るも相手GKがしっかり防ぐ場面が続いた。
大手は16分に再び⑩野中選手がゴールを決めた。20分台に選手を交代させ、さらに攻めるも攻撃はここまで。長岡大手の2回戦進出となった。

☆感想
リーグのカテゴリー通り、3部の長岡大手が4部の糸魚川を下す結果となりました。
プログラムの番号で言うと、大手の㉔馬場選手の足元の技術が気になりましたね。前所属はアルビU-15長岡だそうです。
1年生ということなので、これからが注目ですね。

新潟青陵ー開志国際

2018.5.26(土)
平成30年度インターハイ新潟県予選
1回戦(70分マッチ)

新潟青陵高校 0-4 開志国際高校
(0-1、0-3)

ユニフォーム:新潟青陵→  、開志国際→  
リーグ:新潟青陵→4部A、開志国際→4部C

●得点者
(新潟青陵)

(開志国際)
前半5′⑪山田 良多
後半14′⑤平沢 大輝
後半25′⑭渡邊 結葵
後半34′⑩嵐 悠綺

●前半
前半は開志国際が試合のペースを握る。
前半5分に開志国際が⑪山田選手のゴールで先制、開志国際が逃げ切るか、それとも青陵が追いつくか。

●後半
後半も開志国際が試合を支配。後半は⑤平沢選手、⑭渡邊選手、⑩嵐選手が得点をそれぞれ上げて試合は開志国際が快勝した。

☆感想
下越地区準優勝という成績で挑んだ開志国際が4発快勝しました。
残念ながら開志国際は、この試合の翌日行われた試合で敗退してしましました。しかし、急成長する彼らは今後のリーグ戦や選手権でどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。注目です。

巻ー長岡工業

2018.5.26(土)
平成30年度インターハイ新潟県予選
1回戦(70分マッチ)

巻高校 2-1 長岡工業高校
(1-0、1-1)

ユニフォーム:巻→  、長岡工業→  
リーグ:巻→2部B、長岡工業→3部B

●得点者
(巻)
前半15′㉔若月 智哉
後半28′⑥廣井 歩夢
(長岡工業)
後半14′?

●前半
試合はやや巻が優勢の状況。前半14分、巻がPKを獲得したが相手GKがPKを止め失敗。その後前半15分、巻の2年生㉔若月選手のゴールで巻が先制。
両チームの得点はこの1点のみで、この試合の軍配はどちらに上がるかは分からない。巻が接戦を制するか、長岡工業が追いつくか。

●後半
後半は互角の展開が続き、14分に長岡工業が同点弾でゲームを振り出しに戻した。
その後、両者ともに譲らない展開が続いたが、28分に⑥廣井選手のゴールで巻が再びリード。シーソーゲームは巻が制した。

☆感想
接戦でどちらが勝つか分からないおもしろいゲームでした。
前半14分の長岡工業のGKがPK止めたのは素晴らしかったですね。あと長岡工業の監督がとても熱血な方でしたね、印象に残っています。
巻がリーグのカテゴリー通り、長岡工業を下す結果となっています。

まとめ

…というわけで、大原運動公園で行われた1回戦の結果はこうなりました。

新潟青陵-開志国際の一戦のみ得点者を把握することができました。

教えてくださった方、ありがとうございました。

長岡大手-糸魚川と巻-長岡工業の得点者は僕が目で確認できたもののみ掲載しました。

ですので間違っている可能性もあります、ご了承ください。

あと、この2戦については引き続き、得点者を知ってる方で教えてもいいよという方は、僕のツイッターのDM等でお待ちしております。

よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です