2種:2019インターハイ新潟

#20 日本文理高校-北越高校【インターハイ2019新潟県大会:決勝】

☆今年のインターハイ新潟県大会もいよいよ決勝、沖縄行きを決めたのは2年ぶりの優勝を目指す日本文理か、12年ぶりの栄冠を目指す北越か…

 

日本文理高校


ユニフォーム:FP   /GK   
リーグ:新潟県1部
春季地区成績:新潟地区3位
監督:駒沢 隆一

→先発
GK
1 平塚 竜輝(2年/横浜ジュニオールSC)
DF
4 岩井 優月(3年/エボルブFC)
6 廣井 唯翔(3年/エボルブFC)
15 内田 大知(2年/エボルブFC)
MF
5 古俣 眞斗(C)(3年/エボルブFC)
8 長岡 佑季(3年/エボルブFC)
9 秋元 圭太(3年/横浜ジュニオールSC)
11 中林 海成(3年/アルビレックス新潟U-15)
16 屋仲 駿(2年/エボルブFC)
17 長﨑 颯真(2年/IFC)
FW
21 太田 優心(2年/新潟市立亀田西中)

→控え
GK
25 齋藤 学(FC厚木JY DREAMS)
DF
3 小俣 風貴(3年/エボルブFC)
19 川崎 歩夢(2年/エボルブFC)
22 渡邉 駿(2年/  )
MF
7 井戸 大雅(3年/SC相模原ジュニアユース)
13 中村 怜(3年/SC相模原ジュニアユース)
18 山田 彩翔(2年/エボルブFC)
24 齋藤 優太(1年/エボルブFC)
FW
20 下地 泰夢(2年/  )

 

北越高校


ユニフォーム:FP   /GK   
リーグ:プリンス北信越
春季地区成績:新潟地区準優勝
監督:荒瀬 陽介

→先発
GK
17 平山 颯太(2年/湘南ベルマーレU-15小田原)
DF
2 土田 永遠(3年/アルビレックス新潟U-15)
3 下間 蔵之介(2年/上越春日FC)
4 中山 大(3年/村上市立朝日中)
5 藤吉 玲依(C)(3年/新潟トレジャーFCジュニアユース)
MF
6 三島 旭陽(2年/FC五十嵐ジュニアユース)
7 加藤 雅久(2年/上越春日FC)
8 浅野 俊輔(3年/新潟市立山の下中)
13 五十嵐 翔(3年/新潟市立山の下中)
14 安藤 颯士(2年/アルビレックス新潟U-15)
FW
9 庄内 碧(3年/新潟市立山の下中)

→控え
GK
20 花輪 一樹(3年/グランセナ新潟FCジュニアユース)
DF
12 棚橋 玲央(3年/新潟アカデミージュニアユース)
15 山田 真音(3年/FC五十嵐ジュニアユース)
16 河原 駿(3年/グランセナ新潟FCジュニアユース)
23 大滝 顕也(2年/アルビレックス新潟U-15)
MF
10 大井 佑馬(3年/上越春日FC)
19 酒井 寛崇(3年/グランセナ新潟FCジュニアユース)
22 野口 大輔(3年/LOCUS新潟FC)
FW
11 田中 翔(3年/スエルテFC)

 

交代

(日本文理)
HT:21太田→19川崎
49′:11中林→13中村
52′:8長岡→7井戸

(北越)
44′:13五十嵐→10大井
53′:6三島→11田中
62′:2土田→15山田
66′:9庄内→22野口

 

前半

(攻めの方向:文理→ ←北越

6′文理:FK獲得、11中林の中盤右サイドからのFKは相手GKキャッチ

10′文理:先ほどとほぼ同じ位置からの11中林のFKは相手GKキャッチ

12′北越:右サイドからのFKは相手GKに防がれ、その後こぼれ球を5藤吉がシュートバー上

16′北越:ゴール!左サイドからの7加藤のクロスを14安藤が合わせてシュート、先制点
文理0-1北越

26′北越:9庄内のGK正面シュートバー上

28′北越:ゴール!左サイドからボールもってドリブルで上がった9庄内が角度があまりないところからシュート、2点目
文理0-2北越

AT+1′

前半終了:文理0-2北越

→北越が2点を追加して終了、北越は早いパスワークを生かしたサッカーを展開。
文理は前日の準決勝の延長までの戦いの影響からか疲労の色が見えるも粘り強さを見せる。

 

後半

(攻めの方向:北越→ ←文理

44′北越:ペナルティーアーク手前から8浅野がシュートもバー上

45′文理:相手GKとゴール前で1対1となり?がシュートも目の前にいたGKが防ぐ

47′文理:エリア前から11中林がシュート相手GKキャッチ

53′北越:ドリブルで上がった5藤吉が右サイドから前線へクロスを供給し10大井が合わせてシュートもバー上

55′北越:11田中の右サイドからのクロスを14安藤?がシュート相手GKキャッチ

57′北越:ゴール!14安藤?が左サイドから中央にいた味方にパスを出すが相手GKが防ぐもこぼれて?それを11田中がシュート、3点目
文理0-3北越

67′文理:FK獲得、5古俣が蹴るも相手GKキャッチ

AT+2′

試合終了:文理0-3北越

→北越が決定的な3点目を追加して終了、沖縄行きを決めた。

 

感想

はい、ということで少し時間が経ってしまいましたがおつかれさまでした。

北越

北越高校サッカー部のみなさん12年ぶり3度目の優勝おめでとうございます。
12年前となると僕も小学生でまだ高校サッカーとか全然見ていなかった頃になるので、僕の中では北越高校が新潟県の頂点に立つのを生で見るのは初めてですかね。
4月からのリーグ戦で皆さんの試合を何度か見させてもらってますが、今年の北越高校はざっくりなんですけど細かいパス交換からドリブルで仕掛けたり早いリズムで相手に襲い掛かるサッカーで非常に見てて面白いなと思いました。
今年は沖縄でのインターハイ開催ですね、新潟県の代表として頑張ってきてほしいなと思います。
今年の夏、楽しみにしてます!!

日本文理

日本文理高校サッカー部のみなさん、2年ぶりの新潟県の頂点を目指した戦いとなりましたがあと一歩のところでした。
相手は1つ上のカテゴリーでしたが相手に臆することなく文理の持ち味の粘り強い、そしてハードワークのサッカーが展開されてました。
これらはプリンスリーグ復帰を賭けたリーグ戦、そして選手権とありますが今大会の経験を生かして頑張ってほしいなと思います。
復活の「カモン文理」、期待しています!!

 

優勝した北越高校は、7月25日(木)に沖縄県で開幕するインターハイ2019「感動は無限大 南部九州総体 2019」のサッカー競技(男子)に新潟県代表として出場します。
また、優勝の北越高校と第2位の日本文理高校の両チームは、6月14日(金)に福井県坂井市で開幕する2019年度(令和元年度)北信越高等学校体育大会サッカー競技(男子)に新潟県代表として出場します。

試合概要

2019.6.2(土) 10:30
第72回新潟県高等学校総合体育大会 サッカー競技大会
決勝(70分マッチ)
@新発田市五十公野公園陸上競技場(新発田市)

日本文理高校 0-3 北越高校
>前半0-2
>後半0-1

●得点者
(日本文理)

(北越)
16′:14 安藤 颯士(2年/アルビレックス新潟U-15)
28′:9 庄内 碧(3年/新潟市立山の下中)
57′:11 田中 翔(3年/スエルテFC)

 

大会成績

https://twitter.com/tokisc_niigata/status/1135018884119973888

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です