2種:2021新潟県高校総体

#3(リモート) 開志学園JSC高等部ー日本文理高校【2021年度第74回新潟県高等学校総合体育大会サッカー競技大会:決勝戦】

かとう
かとう
どうも、かとうです!

@tokisc0_0 @tokisc0_0
↑各種SNSのフォローもお願いします!!

2年ぶりに開催された県総体も残りは決勝戦を残すのみとなりました。

決勝まで勝ち残ったのは、準決勝で互いに格上のプリンス勢に勝利した開志JSCと日本文理。

開志JSCは7年ぶり3度目のインターハイ出場、

日本文理は4年ぶり2度目のインターハイ出場をかけて戦った、決勝戦のようすです。

開志学園JSC高等部

ユニフォーム:FP   /GK   
監督:宮本 文博

先発メンバー

GK 1 中島 巧翔 3 FC多摩
DF 3 村松 氷優 3 アスルクラロ沼津U-15
DF 4 東 界杜(C) 3 愛知FC
DF 5 長谷川 基尊 3 坂戸ディブロマッツ
DF 15 駿藤 隼哉 3 アスルクラロ沼津ST
MF 6 金子 礼人1 3 田口FA
MF 7 松田 健吾 3 FC LAVIDA
MF 8 佐々木 楽登 3 FC多摩
MF 24 浅野 夏輝 1 FC東京U-15むさし
FW 9 須崎 健太1 3 Az’86東京青梅FC
FW 10 澤田 優一朗 3 バリオーレ日の出

控えメンバー

GK 17 石垣 奏空 3 仙台FC
DF 12 西田 夏海人 3 坂戸ディブロマッツ
DF 22 竹内 皐樹 2 府ロクJY
MF 2 森 碧大 3 浦和レッドダイヤモンズJY
MF 11 荒井 圭介 3 ウィングスSC
MF 16 鈴木 正伸 3 Az’86東京青梅FC
MF 18 モーリスケンヤ 3 バリオーレ日の出
FW 19 平 嵩矢 2 FC LAVIDA
FW 25 土山 都吾 1 アルビレックス新潟U-15

日本文理高校

ユニフォーム:FP   /GK   
監督:駒沢 隆一

先発メンバー

GK 1 高橋 巧 3 エボルブFC
DF 4 南 侑大 3 エボルブFC
DF 5 齋藤 優太(C) エボルブFC
DF 21 阿部 飛祐 2 モンテディオ山形JY庄内
DF 24 小熊 優斗 2 グランセナ新潟FCJY
MF 7 石井 彪翔 3 SC相模原JY
MF 16 古俣 颯乙 3 エボルブFC
MF 17 塩崎 温大 2 前橋FC
MF 19 曾根 大輝 2 1FC川越水上公園
FW 10 相澤デイビッド 3 FC福生U-15
FW 23 大島 未月 2 アルビレックス新潟U-15長岡

控えメンバー

GK 12 齋藤 隼介 3 南陽市立沖郷中
DF 6 権田 辰郎 3 横浜栄FC
DF 13 松原 雄大 3 エボルブFC
MF 2 浅野 遼太 3 新潟市立山の下中
MF 8 河合 匠 3 FCオルテンシア相模原
MF 11 鎌田 隼 3 FCみやぎバルセロナ
MF 18 築井 啓汰 2 グランセナ新潟FCJY
DF 20 高橋 葵 2 FC厚木DREAMS
FW 14 熊﨑 開世 3 飛騨市立古川中

交代

(開志JSC)

42′ 24浅野→11荒井
54′ 7松田→2森
60′ 9須崎→25土山
64′ 11荒井→22竹内
68′ 25土山→12西田

(日本文理)

30′ 21阿部→6権田
HT 16古俣→18築井
HT 23大島→14熊﨑
50′ 7石井→13松原
60′ 4南→11鎌田

※背番号選手名は新潟県トレセン公式Twitterより

前半

(攻めの方向:開志→ ←文理

12′文理:23大島がエリア前右からシュートもバー左

16′開志:7松田が遠目のシュートを放つがバー上

20′:給水
→ここまでスコアレス、シュート数もここまで1ずつとほぼ互角の展開となる

27′開志:ここで決定機が生まれる、9須崎がフリーとなりシュート放つも相手GKが飛び出て身体を張って防ぐ

30′開志:ゴール!味方からの左サイドからのクロスを8佐々木が頭で合わせて先制点となる
開志1−0文理

AT+1′

前半終了:開志JSC1−0日本文理

前半は開志が1点リードで終了。
立ち上がりからの序盤は互角に推移していたが、次第に開志が流れを作り30分に8佐々木のヘッドで先制。
どちらも攻守の切り替えが早く、文理もまだまだチャンスは残される。

後半

(攻めの方向:文理→ ←開志

41′文理:14熊﨑のシュートは相手GK止める

46′開志:11荒井がボール持って前線へ上がって左にいた5長谷川にパスしてシュートするもオフサイド判定

49′文理:10相澤がシュート体勢になるも、相手開志15駿藤のしっかり対応した守備で防がれる

52′文理:?の左サイドからの大きなロングスローに19曾根が反応してシュートも、相手開志5長谷川がゴール手前ではね返す

57′開志:?のロングスローから4東がシュートも入らず

67′開志:10澤田の長いロングシュートは惜しくもバー上

AT+3′

70′+1文理:試合の最終盤、1点を取りに猛攻を仕掛けるが得点ならず

試合終了:開志JSC1−0日本文理

→スコアはこのまま変わらず。
後半文理も決定機を作ったが相手のしっかりとした前線での守備に阻まれ、ゴールまであと一歩及ばなかった。
開志JSCの7年ぶり3度目の県総体優勝と、インターハイ出場が決定した。

感想

両チームともにおつかれさまでした。

今年は準決勝と決勝の合わせて3試合しか見れなかったんですが、やっぱり新潟の高校サッカーのレベルは高いなと感じました。

まあCOVID-19感染拡大防止のため、ほとんどの試合で観戦の制限が行われている関係で、この3試合が今シーズン初めての観戦となりました。

画面越しではありますが、久しぶりに観戦して僕自身の選手のみなさんから勇気と元気をもらうことができましたね。

きっとみなさんのプレーは、僕含め多くのこの世界に生きる人々の活力になっていると感じます。

早く世の中が落ち着いて、僕自身の目で試合見たいなーと改めて強く感じた次第です。

開志JSC

開志JSCのみなさん、7年ぶり3度目の県総体優勝とインターハイ出場おめでとうございます。

きょうの試合は昨日とはまた違った印象でしたね。

最後の最後まで相手の得点になりそうなところまでしっかりとした守備の対応が光っていました。

試合相手の特徴に応じて戦い方を変化させることができるチームということで、インターハイでもどんな戦い方を見せてくれるのか楽しみにしています。

新潟県代表としてのこの夏の戦い、応援しています!

日本文理

日本文理のみなさん、おととしに続いての決勝進出で今年こそはとのことでしたが、今回もここまでとなります。おつかれさまでした。

10番相澤選手、11番大島選手、19番の曾根選手の迫力ある攻撃陣で相手に攻め込んでいましたが、最後の最後に相手の守備に阻まれてなかなか得点できないのかなという印象でした。

もうひと推し、そして相手の守備を崩せればまだまだ強くなれるのかなと感じました。

今後のリーグ戦と選手権での戦いを楽しみにしてます。

 

優勝した開志学園JSC高等部は、8月14日(土)に福井県で開幕するインターハイ2021「輝け君の汗と涙 北信越総体 2021」のサッカー競技(男子)に新潟県代表として出場します。

また、優勝の開志学園JSC高等部と第2位の日本文理高校の両チームは、6月18日(金)に富山県滑川市の日医工スポーツアカデミーで開幕する2021年度(令和3年度)北信越高等学校体育大会サッカー競技(男子)に新潟県代表として出場します。

試合概要

2021年度第74回新潟県高等学校総合体育大会サッカー競技大会
決勝戦(35-35)
【68】6/6 10:30 五十公野陸 【保護者観戦可】
開志JSC
1部
(下越優勝)
1前半0
0後半0
試合終了
日本文理
1部
(新潟優勝)
30′:8 佐々木 楽登 得点者

2021年度第74回新潟県高等学校総合体育大会サッカー競技大会:男子大会成績

【2種】2021年度(令和3年度)第74回新潟県高等学校総合体育大会サッカー競技大会(2021.5.9) こちらはトキさかの森による、2021年度(令和3年度)第74回新潟県高等学校総合体育大会サッカー競技大会...
かとう
かとう
最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしこの記事を気に入っていただけたら、各種SNSへシェア等拡散お願いします!

また、僕が運営している各種SNSのフォローも待ってますのでこちらもぜひお願いします!!
@tokisc0_0 @tokisc0_0

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です