Jリーグ

Jリーグのユニフォームの星⭐︎について考える

トキさか
トキさか
いよいよ明後日にJリーグが開幕します!やっと春って感じですね!

 

今日はJリーグのユニフォームについている星についてのお話をします。

サッカー界におけるユニフォームの「星」の意味

サッカー界では、タイトルを獲得する(優勝)とユニフォームの自分のチームのエンブレムの上に星をつけるのが伝統になっています。

スポーツウェブショッパーズ

上から鹿島アントラーズ、ガンバ大阪、横浜F・マリノスのユニフォームのエンブレムです。
この3つのチームは何度もタイトルを獲得している名門チームです。

どのチームのエンブレムにも星が付いています。

鹿島には1つ、G大阪には9つ、横浜FMには3つ付いています。

実は、この星の数=タイトルを獲得した回数では…

ないんです!(一部のチームはタイトルの獲得した回数と一致します)

 

どう言うことかと言うと、まずタイトルが何か見ていきましょう。

・明治安田生命J1リーグ

・天皇杯

・JリーグYBCルヴァンカップ(旧Jリーグヤマザキナビスコカップ)

この3つの大会が国内のサッカー界で主にタイトルと言われるものです。「国内3大タイトル」とか言われます。
1シーズンでこの3つのタイトルすべてを獲ると、「3冠」と呼ばれます。

 

3つのチームの星の数と国内3大タイトル獲得数を照らし合わせて見る

 

①鹿島アントラーズ

星→1個
タイトル→J1リーグ8回、天皇杯5回、ルヴァン6回
計19回

全然違うじゃん…

と思いますが、このチームは少し特殊で10個タイトルを獲ったら1つの大きい星をユニフォームに付けるという方針みたいです。胸付いている星はその星です。
タイトルをたくさん獲っているチームならではのやり方ですねー。

残りの9個はユニフォームの袖に付いています↓

スポーツウェブショッパーズ

この画像は少し古いもので6個しか付いてませんが現在は9個付いており、あと1回タイトルを獲るともうひとつ大きい星が胸に付きますね。

 

②ガンバ大阪

星→9個
タイトル→J1リーグ2回、天皇杯4回、ルヴァン2回
計8回

今度は1個多い?

これはですね、G大阪は国内タイトルは8回獲得しています。

そう、国内タイトルはです。

結論を言うと、9個目の星は国際大会で獲った星なんです。
ACLって言うアジアで1番を決める大会があるのですが、これを優勝したことがあるので1個星が多いんですね。
(ACLの説明は今度します)

ちなみに、この星は他の星よりも大きくデザインされています。アジアNo.1は国内タイトルを獲るよりも難しいですからね。

G大阪の9個の星は国内タイトル+ACLの数という意味でした。

 

③横浜F・マリノス

星→3個
タイトル→J1リーグ3回、天皇杯7回(日産自動車サッカー部時代を含む)、ルヴァン1回
計11回

 

また数が違う…

 

タイトルを11回も獲得しているのに3個は少ないですね。でもこれで大丈夫なんです。

どういうことかと言うと、この星3個はJ1リーグで優勝した回数を意味しているそうです。

これだと確かに3個で数が合いますね。

どのタイトルを獲得したら星をつけるかの基準は、チームによって違うみたいですね。

 

ここまでJリーグを代表する3チームの星の数を検証してみました。そのクラブがどのタイトルを大切にしているのかがわかるので面白いですね。

じゃあ肝心のJリーグはどう言っているかを見て見ましょう↓↓↓


引用:https://www.jleague.jp/docs/aboutj/regulation/2018/23.pdf

これは今年のJリーグの規約の一部です。
ユニフォーム要項の第12条に書いてあります。

 

「優勝回数に相当する個数の星印を表示することができる」

だそうです。

ずいぶんとアバウトですね。
どのタイトルを獲得したら星をつけていいなどと書いていないですね。

要は「自分達がタイトル獲ったと思ったら星付けていいよー」とも解釈出来ます。

 

ここで問題になるのがどの大会を「タイトル」とするかです。

 

個人的に僕が星をつけていい「タイトル」と思ってるのは、さっき書いた国内3大タイトル(J1リーグ、天皇杯、ルヴァン)とアジアNo.1を決めるACLくらいですね。

あと、ゼロックススーパーカップという前年のJ1リーグ優勝と天皇杯優勝の2チームが対戦する大会があります。
この大会も一応タイトル戦なんですが、1回きりの対戦なので獲ったとしても星を入れないチームがほとんどです。
(毎年面白い対戦になりますけどね)

 

変わった基準でユニフォームに星をつけるチームがある

それは、湘南ベルマーレというチームです。

湘南ベルマーレ

星→4個
国内タイトル→J1リーグ0回、天皇杯1回、ルヴァン0回
国際タイトル→アジアウィーナーズカップ1回
計2回

まず、アジアウィーナーズカップは説明すると、現在のACLの前身の前身くらいの大会という説明が正しいのかな?とにかくアジアで優勝しているので良いとしましょう。

それでも2個多い。

実は面白いカラクリがあって、残りの2つの星の意味はJ2リーグの優勝を意味しているそうです。

 

…J2!?

…まあ、確かに、J2でも優勝は優勝なんでね、もちろん何の違反もないですよね。

…でも2部リーグ優勝ってタイトルに入れていいのかな〜?
こんなこと言ったら湘南サポーターの方に怒られるかもしれないですけど、僕的には正直に言うと、

う〜ん

て感じです。

 

長くなったので今回はここまでにします。
次回は海外はどうなってるかと、まとめとして僕なりの意見を書こうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です