サッカー

【12年ぶりの監督交代】新潟明訓高校サッカー部の田中健二監督が退任、新監督は坂本和也コーチが昇格

↑新潟明訓高校グラウンドー新潟県新潟市江南区
(2018年10月6日撮影)

12年ぶりの監督交代

ご覧になった方も多いと思いますが、昨日6月1日にNST新潟総合テレビにて放送中の「NST News タッチ」にて、新潟明訓高校サッカー部が取り上げられました。

その中でこれまでコーチとして同サッカー部の指導にあたっていた、坂本和也コーチが監督として取材に応じていました。

今シーズンから、これまで指揮していた田中健二監督に代わって指揮にあたるものと思われます。

んと、就任時期についてはいろいろ調べてるんですけど、ちょっとまだわからないですね。今年2020年4月からだそうです。

また、坂本新監督は同時に同サッカー部の下部組織にあたるROUSE新潟フットボールクラブのアドバイザーとして、サポートに加わるものと思われます。
(出典:スタッフ一覧ーROUSE新潟フットボールクラブオフィシャルサイト

新潟明訓高校サッカー部は、昨年度は高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ 北信越にて10チーム中7位、県総体・選手権は共に新潟県ベスト4という成績となっていました。

2020シーズンの高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ 北信越に所属する新潟県勢の今シーズンからの監督交代は、アルビレックス新潟U-18の入江徹氏から吉永一明氏に交代に続き2例目。

 

そうですね、まずは田中監督になんですけど、12年もの間新潟明訓高校サッカー部監督として、ほんとにお疲れ様でした。

僕が小学生の頃から監督をされていたことですね、僕はもう明訓といえば田中監督の難しいサッカーの理論を、選手達が吸収して行って体現するみたいなイメージでしたね。

間違いなく新潟県のサッカーのレベルの向上に繋がった功労者の一人に間違いないと思います。

これからはどこでとかはまだ聞いていないんですけど、ご活躍楽しみにしています。

重ねてになるんですけど、ほんとにお疲れ様でした。

 

続いては坂本新監督になんですけど、申し訳ないんですけどどのような方かは僕の勉強不足でまだわからないんですよね。

ずっと田中監督の下でコーチをされていたということなので、これまでのベースは維持しつつ、どのような新しいアクセントが加えられるか楽しみにしています。

今シーズンはまだいつからになるかは分かりませんが、よろしくお願いします。

指導者情報

新潟明訓高校サッカー部監督就任
坂本 和也

・指導歴
2008年より同校サッカー部のコーチに就任、コーチ就任当初は社会人チームの選手としてもプレー。
2020年4月より同校サッカー部監督就任。

出典:
新潟明訓 坂本和也監督【前編】「恩返し、それは今与えられたポジションで結果を出すこと」ー高校サッカードットコム

 

新潟明訓高校サッカー部監督退任
田中 健二

・1977年生まれ

・資格
日本サッカー協会公認A級指導者ライセンス

・選手歴
新潟明訓高校→順天堂大学

・指導歴
大学卒業後、新潟県の県立高校の教員採用試験に合格。
県立高校の体育教員としてサッカー部以外にも、バドミントンやバスケットボールなど様々なスポーツの顧問を担当。
その後2008年より新潟明訓高校サッカー部監督に就任。
2014年には同校サッカー部をプリンスリーグ北信越昇格に導く。
主な大会の成績は、プリンスリーグ北信越優勝2回、選手権全国出場1回、インターハイ全国出場4回(内、2011年にはベスト8)。

出典:
[SEVENDAYS FOOTBALLDAY]:自分の中の“おまもり”(新潟明訓高・田中健二監督)ーゲキサカ

ノートに記録し、育成に活かす。新潟明訓・監督のデータの取り方ーベースボールマガジン社WEB

関連サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です