2種:2018プリンスリーグ北信越

長岡向陵高校-開志学園JSC【プリンスリーグ北信越2018:第4節】

→長岡向陵が開志JSCをホームに迎える戦いとなりました。そろそろ長岡向陵は勝ち点と初勝利が欲しいところですが、どうなったのか見ていきましょう。

 

2018.4.21(土)
プリンスリーグ北信越2018
第4節
@長岡ニュータウン運動公園

長岡向陵高校 1-2 開志学園JSC

得点者:
(長岡向陵)
前半40’オウンゴール
(開志JSC)
前半9’⑥田中 彩斗
前半45’+1④杉山 颯太

 

●前半

8’開志JSC:ゴール!⑥田中選手のゴールで先制、アシストは⑪伊藤選手、長岡向陵0-1開志JSC

12’開志JSC:ロングスローからのシュートは相手GK正面

17’ここまで開志JSCの攻撃の時間帯が続く

28’開志JSC:CKが続くが点は入らない

34’長岡向陵:⑤番場選手のシュートはゴールの左

38’開志JSC:②前田選手のシュートは惜しくもゴール左

40’長岡向陵:ゴール!混戦となり相手のオウンゴールで1点返す、長岡向陵1-1開志JSC

45’+1開志JSC:ゴール!④杉山選手のゴールでスコアを長岡向陵1-2開志JSCとする

前半終了:長岡向陵1-2開志JSC

→長岡向陵は押し込まれる時間帯が続いた。攻撃に転じても、判断が遅れて相手の人数がそろってしまい、攻撃ができない場面が多々あった。開志JSCは逆に、攻撃の時間帯が多く、たくさんチャンスを作っていた。この攻めを後半も続けられるかが鍵。

 

●後半

12’ここまで目立ったチャンスは両チームともになし

23’長岡向陵:CK獲得も失敗

27’開志JSC:CKが2回続くも失敗

35’長岡向陵:ボールが前線までつながるも、シュートできない

41’開志JSC:ロングスローが続くが失敗

43’長岡向陵:シュートはバーの上

後半終了:長岡向陵1-2開志JSC。長岡向陵は開幕4連敗、開志JSCは今季リーグ戦2勝目を上げた

→後半序盤は互角の戦いだったが、次第に開志JSCペースとなっていった。

 

☆感想
長岡向陵は、前節よりは選手間の連携が機能していたようだが、まだまだ課題が多い。開志JSCは相手の攻撃を選手ひとりひとりの素早い判断で防いでいた印象。運動量も相手チームより多かった印象だった。

 

→勝ち点の推移
長岡向陵高校:0→0
開志学園JSC:4→7

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です