サブカル

夏目友人帳の映画みてきたよ【劇場版夏目友人帳 うつせみに結ぶ:感想】

今日は映画の話です。

今回は「劇場版夏目友人帳 うつせみに結ぶ」を観てきました。

 

実は「夏目友人帳」に関してなんですが、原作・アニメともに僕は全く拝見したことがありませんw

ただ周りの方からおもしろいという話も聞いていたし、僕自身も気になってはいたんですが、見れる環境がなかったので見れてなかったんですよ。

それで今回はじめての劇場版が公開ということで、これを機に勉強してみようかなと思いました。

主人公夏目貴志(声・神谷浩史)が妖たちに名を返すという目的があって、その中のさまざまな関わりを描いているって感じで大丈夫ですかね???

 

お話はシリーズ初の長編オリジナルエピソードということでしたので、今回の映画の本筋のお話に関してはなんとなく理解できました。

ただ、本編の中でアニメシリーズの回想シーンかなって思ったところもあったし、原作やアニメシリーズを見ていないと少し難しいのかなというシーンもあったので、その部分はこれからかなと思いました。

 

あと今回の劇場版を彩るアイテムとして「切り絵」が出てきましたね。あれ単純にやってみたいなーと思いました。

大橋忍さんという方の作品のようですね、劇中にでてくる「レイコ」と「ホノカゲ」の切り絵は今回の劇場版のために制作された作品だそうです(劇場用パンフレットより)。

絵画や美術作品、僕ちょっと好きなのでちょっと目がいってしまいました。

 

作品全体としてはなんかゆったりとした時間が流れててあの雰囲気いいですね。
そんなことも思いました。

 

時間作って少しずつ夏目友人帳の世界を観ていこうかな。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です