2種:プリンスリーグ2018北信越

そのほかのプリンス北信越第4節

4月21日(土)に、僕が観戦した2試合の他に3試合行われました。

 

プリンス北信越2018 第4節 @新潟明訓G
新潟明訓高校 1-0 カターレ富山U-18

得点者:
(新潟明訓)
後半22’⑮稲見 直也

→新潟明訓は無敗の開幕4連勝、カターレは今季リーグ戦初黒星です。

→勝ち点の変動
新潟明訓高校:9→12
カターレ富山U-18:5→5

 

プリンス北信越2018 第4節 @新潟明訓G
アルビレックス新潟U-18 3-0 富山第一高校セカンド

得点者:
(アルビ)
前半16’⑰宮嶋 祐槻
後半4’⑨本田 修也
後半38’⑩本間 至恩

→アルビはここまで、今季リーグ戦全試合複数得点での勝利で圧倒的な得点力を誇っています。富一セカンドは9位に後退です。

→勝ち点の変動
アルビレックス新潟U-18:9→12
富山第一高校セカンド:2→2

 

プリンス北信越2018 第4節 @金沢大学
星稜高校 1-0 日本文理高校

得点者:
(星稜)
前半44’⑬湯澤 拓士

→星稜は今季リーグ戦初勝利、日本文理は勝ち星なしと厳しい戦いが続いています。

→勝ち点の変動
星稜高校:1→4
日本文理高校:2→2

 

☆アルビと明訓がいまだに無敗ですね。このままいくと5月3日の第6節の直接対決が序盤の山場となりそうです。

☆文理高校、苦しい戦いが続いています。昨年度県王者というプレッシャーが背中に乗っかっている感じでしょうか。昨年度のチームといろいろと比べられると思いますが、そんなものは気にせず、「自分たちのやり方」を見つけられれば、トンネルの出口が見えてくるのではないでしょうか。

 

プリンスリーグ北信越2018:第5節は4月28日土曜日の開催となっております。

それでは、また。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です