2種:2018プリンスリーグ北信越

二つの天王山!!【プリンス北信越:第6節ガイド】

GW、いかがお過ごしでしょうか?

プリンスリーグ北信越は現在、序盤の山場を迎えております!!もしかしたら第6節の結果次第では、首位と最下位が変わる可能性があるのです!!

ということで、今回はあさって5月3日(木・祝)、憲法記念日に行われる第6節の日時と会場を確認します。

 

①アルビレックス新潟U-18-新潟明訓高校
10:30 @新潟明訓G

☆現在勝ち点15のアルビと、同じく勝ち点15の明訓がいよいよ直接対決です!得失点差でも13と並んでいるため、総得点16でアルビが1位、同14で明訓が2位という状況です。
答えは簡単です。この試合で勝った方が1位です。無傷の開幕6連勝を飾るのはどちらのチームでしょうか?

 

②長岡向陵高校-日本文理高校
10:30 @長岡NT

☆一方こちらは降格圏に沈んでいる2チームの対戦です。もう一つの天王山ですね。この両チームは今季リーグ戦、一度も勝ち点3を手にしていません。勝ち点3を手にして文理が浮上のきっかけにするのか、それとも向陵が最下位を脱出するのか。
負ければまもなく始まるインターハイ予選にも影響が出かねない大事な一戦です。こちらも注目です。

 

③北越高校-星稜高校
13:00 @長岡NT

☆現在連敗中の北越が、ここにきて2連勝と好調の星稜を迎えます。
北越が連敗を止めるのか、それとも星稜が3連勝で上位争いに射程を定めるのか、注目です。

 

④開志学園JSC-カターレ富山U-18
13:00 @新潟明訓G

☆今年度昇格組の対戦です。残留を確かなものにするには負けられない相手です。
どちらのチームがこのゲームに勝利して、今後のリーグ戦を有利に進めていくのかが注目です。

 

⑤富山第一高校セカンド-帝京長岡高校
10:30 @富山第一G

☆トップチームはプレミアに参戦している富一2ndが、新潟屈指のタレント軍団を迎えます。帝京長岡は久しぶりのアウェーゲームです。
富一2ndが連勝して北信越ナンバーワンの威厳を示すのか、それとも帝京長岡が4連勝してアルビと明訓の首位争いにまったをかけることになるのか。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です