2種:2018プリンスリーグ北信越

日本文理高校-アルビレックス新潟U-18【プリンスリーグ北信越2018:第16節】

☆文理はGKの相澤選手が出場を回避、アルビはエースの本間至恩選手が前節退場で不在と、両チームともに中心選手が不在の中行われたこの試合。
どうなったでしょうか。

 

2018.9.16(日)
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018北信越
第16節
@新潟明訓高校グラウンド

日本文理高校 0-4 アルビレックス新潟U-18
>前半0-1
>後半0-3

ユニフォーム:日本文理→   、アルビ→   

●得点者
(日本文理)

(アルビ)
前半8’⑥押久保 汐音
後半9’㉓鈴木 良太
後半31’㉓鈴木 良太
後半45’㉓鈴木 良太

 

●前半(攻めの方向:アルビ→ ←文理

8’アルビ:ゴール!⑥押久保の直接FKが決まりアルビ先制、文理0-1アルビ

12’アルビ:ゴール前でチャンスを作るも入らない

26’アルビ:⑭辻のクロスを⑱西山?が合わせようとするも得点とはならず

30’アルビ:⑭辻のパスを③和田がシュートするも入らない

AT+1′

45’アルビ:CKからセットプレーで得点を狙うも失敗

前半終了:文理0-1アルビ

→前半はアルビ優勢で終了も、点は1点のみ。文理は攻め込まれる時間が続き苦しい展開。
後半もアルビの優勢が続くか、それとも文理の巻き返しとなるか。

 

●後半(攻めの方向:文理→ ←アルビ

9’アルビ:ゴール!㉓鈴木の右サイドからのシュートはゴールの中へ、文理0-2アルビ

31’アルビ:ゴール!㉓鈴木がドリブルでボールをゴール前へ運びそのままシュート。ゴールとなる、文理0-3アルビ

AT+3

45’アルビ:ゴール!㉓鈴木がこぼれ球をシュートしゴールとなる。㉓鈴木はハットトリック達成、文理0-4アルビ

試合終了:文理0-4アルビ

→後半もアルビが終始試合を支配。
アルビは㉓鈴木がハットトリックを達成し、スタメン定着へアピール。文理はGK㉕千葉が好セーブを連発するも守備に課題を残す結果に。

 

☆感想

両チームともおつかれさまでした。

アルビは⑥押久保選手のFK、そして㉓鈴木選手のハットトリックという結果で勝利となりました。
エースが不在の中、こうやってきちんと勝てるのは選手層もしっかりしているということだと思います。
また、その本間至恩選手が試合前日にプロのリーグ戦デビュー&初ゴールということでしたので、これも大きな刺激になったのかもしれないですね。
明訓が引き分けたため勝ち点の差が2に縮まりました。残り2試合、明訓同様負けられません。

文理は今季初の3連勝を目指しましたがここにきて大敗となりました。
今日の試合に限ったことなんですけど、守備に少し課題があったのかなと思いました。
そんな中でも、相澤選手に代わって出場したGKの㉕千葉選手の動きには目を見張るものがありましたね。
この千葉隆弘(ときひろ)選手は普段はDFとして出場する機会が多い選手です。ちなみに昨年の選手権(全国)ではGKとして選手登録されていました。
フィールドプレーヤーもやるしたまにキーパーもやるということだそうです。注目しておきましょう。

 

○勝ち点の推移
日本文理:17→17(8位)
アルビ:34→37(2位)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です