2種:プリンスリーグ2018北信越

日本文理高校-富山第一高校セカンド【プリンスリーグ北信越2018:第14節】

☆先日U-18日本代表に選ばれた相澤選手も所属する日本文理が、北信越屈指の選手層を誇る富山第一のセカンドチームを迎えました。
どのような試合になったのか見ていきます。

 

2018.9.1(土)
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018北信越
第14節
@長岡ニュータウン運動公園

日本文理高校 1-0 富山第一高校セカンド
(前半1-0、後半0-0)

ユニフォーム:日本文理→   、富一セカンド→   

●得点者
(日本文理)
前半45’⑲堀川 空
(富一セカンド)

 

●前半(攻めの方向:富一→ ←文理

34’富一:④丸山のFKはバーの上

36’文理:シュートもバー左、その後のCKからのセットプレーで得点を狙うも失敗

AT+3

45’文理:ゴール!⑲堀川の得点で文理先制、文理1-0富一

前半終了:文理1-0富一セカンド

→前半30分頃まで両チームともに大きなチャンスはなし。文理が少ないチャンスをものにし、前半アディショナルタイムに先制。
大接戦のこの試合、どんな展開となるか。

 

●後半(攻めの方向:文理→ ←富一

1′文理:相手の枠内シュートをGK相澤がしっかりキャッチ

8′文理:左サイドからのループシュートはバー右

11′文理:2回連続でのCKとなり、セットプレーで得点を狙うも相手GKがキャッチ

20′富一:FKを獲得し直接狙える位置も失敗

試合終了:文理1-0富一セカンド

→後半富一に焦りの色が見え始める中、文理は積極的に攻撃を仕掛けるも得点まではつながらない。
富一も後半終了間際には猛攻を仕掛けるも、得点とはならずこのまま試合終了。

また後半終了間際に富一の指導者1名が審判に対する抗議・暴言があったとして、主審の判断で退席処分となっています。

 

☆感想

両チームの皆さん、おつかれさまでした。

日本文理はGKの相澤選手を中心に声を掛け合い、チームを奮い立たせている印象がありました。
チームとしては、中断前よりも連携プレーや攻守の切り替えが素早くなってきたように思います。
プリンス残留に向けてここからが正念場だと思います。頑張ってください。

富一セカンドは、セカンドチームながらトップチームの相手とほぼ互角の試合を演じていたのではないでしょうか。
セカンドチームなので「こっから上がるんだ」と意識がプレーにも表れているなと感じました。
富山のチームなのでなかなか見ることができませんが、富山や北信越のサッカー界を引っ張っていく存在として、これからも応援しています。

 

○勝ち点の推移
日本文理高校:11→14(8位)
富山第一高校セカンド:20→20(6位)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です