2種:2018プリンスリーグ北信越

新潟明訓高校-北越高校【プリンスリーグ北信越2018:第10節】

→リーグ戦は後半戦に入ります。今回は前半戦無敗で折り返した明訓が北越を迎えました。両校ともに新潟市に構えるチーム同士です。どんな試合になったか見ていきましょう。

 

2018.6.30(土)
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018北信越
第10節
@新潟明訓高校グラウンド

新潟明訓高校 3-0 北越高校
(前半1-0、後半2-0)

ユニフォーム:新潟明訓→   、北越→   

●得点者
(新潟明訓)
前半14’㉒斎藤 優貴
後半5’⑫稲見 和也
後半6’⑫稲見 和也
(北越)

 

●前半(攻めの方向:北越→ ←明訓

12’明訓:ロングスローからのシュートはバーの上

13’明訓:ゴール!CKからのセットプレーで先制、明訓1-0北越

17’明訓:⑦稲見(直)がカウンターをしかけてシュートも相手GKがキャッチ

22’給水タイム

AT+1′

前半終了:明訓1-0北越

→13分にセットプレーで明訓が先制、北越もチャンスを作るが前半はノーゴール。後半に得点を奪うことができるか。

 

●後半(攻めの方向:明訓→ ←北越

5′明訓:ゴール!⑫稲見(和)のヘディングシュートシュートで2点目、明訓2-0北越

6′明訓:ゴール!⑫稲見(和)の本日2点目のシュートで3点目が決まる、明訓3-0北越

20′給水タイム

23′北越:⑩小林がゴール前でチャンスを作るもシュートできず

32′北越:⑩小林のペナルティエリア手前左からのシュートは大きくバーの上

38′北越:途中から入った⑪坂本のシュートはバー大きく上に外れる

AT+4′

試合終了:明訓3-0北越

→後半は明訓が序盤に2点追加しリードを広げる。中盤以降は北越が多くチャンスを作るも、得点とはならずそのまま試合終了。明訓は今季リーグ戦開幕以来の無敗が続き、北越は今季初の3連勝とはならなかった。

 

☆感想

まずは暑い中お疲れ様でした。

明訓は何度も言っていますが、今年は高さとパワーで生かしたサッカーで好成績を残していますね。
今日思ったのは、無駄なプレーが少ないなと感じました。先制点もセットプレーでしたし、少ないチャンスの中でゴールを決めている印象がありました。インターハイに向けて期待が持てる内容となっています。

北越は⑩小林選手を中心に多くチャンスを多く作っていましたが、得点とはなりませんでした。ただ、北越は勝つときは大勝するイメージが今年はあるので、持ち前の得点力が機能することと、あと守備がしっかりしてくれば再び連勝が見えてくると思います。

 

○勝ち点の推移
新潟明訓高校:25→28
北越高校:10→10

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です