2種:2018プリンスリーグ北信越

長岡向陵高校-新潟明訓高校【プリンスリーグ北信越2018:第15節】

☆負ければ降格決定の長岡向陵が、首位の新潟明訓を迎えました。
どんな試合だったのでしょうか。

 

2018.9.8(土)
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018北信越
第15節
@長岡ニュータウン運動公園

長岡向陵高校 2-4 新潟明訓高校
(前半2-3、後半0-1)

ユニフォーム:長岡向陵→   、新潟明訓→   

●得点者
(長岡向陵)
前半20’⑬平井 俊介
前半40’⑧佐藤 楓
(新潟明訓)
前半15’④落合 毅人
前半36’⑯神田 英斗
前半38’⑲薗部 太郎
後半10’⑫小澤 将秀

 

●前半(攻めの方向:明訓→ ←向陵

11’明訓:CKからセットプレーで得点を狙うも失敗

13’明訓:⑱反町の左サイドからのシュートはバー直撃

15’明訓:ゴール!④落合が左サイドからのクロスをヘッドでゴールに落とし込む、向陵0-1明訓

20’向陵:ゴール!⑬平井のループシュートがゴールに入りゲームを振り出しにする、向陵1-1明訓

31’明訓:⑲薗部のシュートは相手GKが止めてこぼれるが相手GKがすかさず取りに行く

36’明訓:ゴール!FKから⑯神田のシュートで再びリード、向陵1-2明訓

38’明訓:ゴール!⑲薗部の3点目のゴールでリードを広げる、向陵1-3明訓

40’向陵:ゴール!⑧佐藤が2点目のゴール、向陵2-3明訓

AT+1′

前半終了:向陵2-3明訓

→前半は両チームの打ち合いで終了、明訓が若干優勢も向陵も2得点と試合の展開はまだわからない。
両チーム後半に勝負を賭ける。

 

●後半(攻めの方向:向陵→ ←明訓

10’明訓:ゴール!⑫小澤のゴールで4点目、向陵2-4明訓

32’明訓:左サイドからクロスを上げるも合わない

AT+3′

45’明訓:㉗梨本が左サイドからシュートも入らない

試合終了:向陵2-4明訓

→後半10分に明訓が4点目の得点でリードを2点とし、その後明訓が多くチャンスをつくるもスコアは動かずそのまま試合終了。

 

☆感想

両チームともおつかれさまでした。

向陵は今節負けたことで10位が確定し、来季の県1部への降格が確定しました。
ただ今日の試合特に前半は、守備が機能していて首位相手にほぼ互角の戦いを演じていた時間帯もあったように思います。
プリンスの試合はまだ残っていますし、もちろん選手権もあります。
来年向陵は目標をどこに定めるか分かりませんが、ここからは向陵の未来のために、どのような戦いをしていくのかが大事なのではないかと思いました。

明訓は3連勝で2位に勝ち点4の差をつけて、少し頭抜け出したところでしょうか。
全体を通しては明訓が優勢の試合でしたが、得点をした後にすぐに返される展開が続きました。
得点をした後も落ち着いてプレーできるかが課題になりますかね。
次は今年まだ決着が着いてない帝長戦です。どんな戦いとなるか楽しみです。

 

○勝ち点の推移
長岡向陵:1→1(10位)
新潟明訓:35→38(1位)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です