2種:2018プリンスリーグ北信越

帝京長岡高校-北越高校【プリンスリーグ北信越2018:第4節】

2018.4.21(土)
プリンス北信越2018 第4節 @長岡NT

帝京長岡高校 2-1 北越高校
>前半0-0
>後半2-1

●得点者
(帝京長岡)
後半1’⑫中島 颯太
後半10’⑪晴山 岬
(北越)
後半5’⑩小林 心

 

→帝京長岡がホームに北越を迎えての一戦です。この両校は応援がとても熱いので観客席の雰囲気も最高でした。結果がどうなったか見ていきましょう。

 

●前半

20’帝長:シュートは相手GKの手の中に収まる

23’帝長:⑧本田のシュートは入らない

24’帝長:シュートは相手GKが弾く

28’北越:⑩小林がボールを相手陣内に運ぶも相手に攻撃を阻まれる

30’給水タイム

44’帝長:CK後シュートもバーの上

前半終了:帝京長岡0-0北越

→前半は両チームともに見せ場を作るも得点なし。攻守の切り替えが激しく、スピーディーな展開が続いた。後半はどちらがチャンスをものにするか。

 

●後半

1’帝長:ゴール!、後半開始直後に⑫中島のゴールで先制、アシストは⑪晴山。帝京長岡1-0北越

5’北越:ゴール!、⑩小林のゴールですぐにゲームを振り出しに戻す、アシストは⑦高月、4帝京長岡1-1北越

10’帝長:ゴール!、⑭谷内田のアシストからの、⑪晴山のシュート。しかしその直後にアクシデントが発生。↓↓

25’給水タイム

28’帝長:⑨冬至のシュートは相手GK正面

36’帝長:④吉田(晴)のクロスを途中から入った⑦田中がシュートも入らない

44’帝長:素早いパス交換からのシュートは入らない

AT+5′

試合終了:帝京長岡2-1北越。帝京長岡は今季初の連勝、北越は2敗目となった。

→後半は帝京長岡にアクシデントが発生するも、動じることなく帝京長岡がゲームを支配。後半開始直後に両チームともに1点ずつ決める。その後、帝京長岡がもう1点上げ、2-1にすると、最後まで帝京長岡が支配する時間帯が多かった。

 

☆帝京長岡の⑪晴山選手が相手選手と接触後倒れ、救急車で運ばれました。大事に至らないといいんですが、少し心配ですね。まだ長いシーズンが始まったばかりですが、早くも帝京長岡の戦略に影響が出そうです。

 

→勝ち点の推移
帝京長岡高校4→7
北越高校4→4

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です