2種:2018プリンスリーグ北信越

帝京長岡高校-開志学園JSC【プリンスリーグ北信越2018:第3節】

2018.4.14(土)
プリンス北信越2018 第3節
@長岡ニュータウン運動公園

帝京長岡高校 1-0 開志学園JSC

得点者:
(帝京長岡)
後半7分⑧本田 翔英

 

●前半

前半14分:開志⑥伊藤のシュートはバーの上。

前半15分:帝長④吉田(晴)の真正面のシュートは開志GK①橋本の腕の中に吸い込まれる。

前半18分:帝長⑪晴山のシュートは惜しくもバーの右。

前半20分:帝長がFKを獲得するも、相手の壁に阻まれる。

前半31分:開志JSCの2回連続のCKは、1回目に帝長GK①土岡が、2回目に⑭谷内田がクリア。

前半終了:帝京長岡 0-0 開志JSC

→前半は互いにチャンスを演出するも、フィニッシュまで行かない展開が続き、ほぼ互角の戦いが続いた。

 

●後半

後半7分:帝長ゴール!④吉田(晴)のクロスを⑧本田選手がシュート、帝京長岡 1-0 開志JSC。

後半12分:帝長⑪晴山のシュートは開志GK①橋本の正面で跳ね返される。

後半28分:開志⑪北口のシュートはバーの外。

後半38分~:ここから数分間、開志の時間帯となる。開志⑦櫻庭のクロスを⑨田中がシュートも帝長GK①土岡が弾く。

後半終了:帝京長岡 1-0 開志JSC、帝京長岡は今季リーグ戦初勝利となる。

→後半は、開始早々帝京長岡が先制し帝京長岡の時間帯が多くなるも、前述したとおり開志JSCが巻き返すシーンもたびたびあった。

 

☆感想

帝京長岡は、試合の立ち上がりの落ち着きがもう少しあるといいなと感じました。一人一人の持っているものは間違いないと思うので、それをどうまとめていけるかが今後の課題と感じます。

開志JSCは、攻撃を防がれるシーンが相手よりも多かったので、最後までどう攻撃を繋ぐかが今後の課題だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です