2種:2019プリンスリーグ北信越

#3 アルビレックス新潟U-18-開志学園JSC高等部【プリンスリーグ2019北信越:第1節】

☆今年のプリンスリーグがいよいよ開幕!昨季2位の新潟U-18と昨季8位の開志JSCの対戦、開幕戦を勝利したのは…

 

2019.4.7(日)
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019北信越
第1節
@新潟聖籠スポーツセンターアルビレッジ
(新潟県北蒲原郡聖籠町)

アルビレックス新潟U-18 2-2 開志学園JSC高等部
>前半1-0
>後半1-2

●ユニフォーム
アルビ→   
開志JSC→   

●得点者
(アルビ)
45’:⑪鈴木 良太(3年/東急・Sレイエス)

81’:(PK)⑩本田 修也(3年/アルビレックス新潟U-15)

(開志JSC)
50’:⑪大澤 志恩(3年/クリアージュFC)
88’:④工藤 駿(3年/AC弘前)

 

●アルビレックス新潟U-18
監督:入江 徹

→先発
GK
①李 相彦(3年/アルビレックス新潟U-15)
DF
②辻 椋大(3年/アルビレックス新潟U-15)
③西山 浩人(3年/東急・Sレイエス)
⑥和田 翔琉(C)(3年/アルビレックス新潟U-15)
MF
⑤高橋 真広(3年/FC米沢)
⑧小田 奏(2年/アルビレックス新潟U-15)
⑭笹川 璃矩(2年/アルビレックス新潟U-15長岡)
⑰佐々木 浩隼(2年/アルビレックス新潟U-15)
㉙山本 倖生(1年/アルビレックス新潟U-15)
FW
⑩本田 修也(3年/アルビレックス新潟U-15)
⑪鈴木 良太(3年/東急・Sレイエス)

→控え
GK
㉒高畑 優太(1年/坂井フェニックス丸岡ジュニアユース)
DF
④池田 壮汰(3年/上州FC高崎)
MF
⑦千葉 玲王(3年/東京武蔵野シティフットボールクラブ)
⑲高橋 蒼天(1年/アルビレックス新潟U-15)
㉖永井 龍之介(1年/アルビレックス新潟U-15長岡)
FW
⑨宮嶋 祐槻(3年上州FC高崎)
⑮小林 太陽(2年/アルビレックス新潟U-15)
㉘大矢 瑞樹(1年/アルビレックス新潟U-15)

 

●開志学園JSC高等部
監督:宮本 文博

→先発
GK
①高木 大暉(3年/知多FC)
DF
③渡部 幸輝(3年/会津サントス)
④工藤 駿(3年/AC弘前)
⑤佐藤 汰生(3年/青森山田高校)
MF
⑥関谷 譲嗣(2年/  )
⑧元田 陸(2年/1FC川越水上公園U-15)
⑩菅原 彰吾(C)(3年/FC東京U-15むさし)
⑭佐野 考哉(2年/知多FC)
FW
⑦浜崎 秀人(2年/  )
⑨長内 宏充(2年/田口FA)
⑪大澤 志苑(3年/クリアージュFC)

→控え
GK
⑰テッ・インミョウ(2年/FC町田ゼルビアジュニアユース)
DF
②本間 力弥(3年/FC consorte)
⑫長井 駿太郎(3年/Kurobe-FC)
MF
⑬黒田 一海(3年/FC多摩)
⑮藤野 真大(3年/FC ZEAL.04)
⑲森 碧大(1年/  )
FW
⑯吉田 強太(3年/新潟トレジャーFC)
⑱宮沢 大地(3年/ジェス新潟東)
⑳水上 渓(3年/Az’86東京青梅FC)

 

●前半(攻めの方向:開志→ ←アルビ

5’開志:セットプレーを失敗し、その後立て続けに右サイドからFKのチャンスを得るも得点ならず

18’アルビ:右サイドからの?のシュートバー直撃

22’アルビ:⑩本田の右サイドFKは相手GKキャッチ

26’アルビ:⑧小田の右FKから?が合わせるてシュートも相手GK跳ね返す

27’アルビ:⑧小田のCKからのセットプレー失敗

AT+1′

45’アルビ:ゴール!左サイドから⑪鈴木が蹴った山なりのボールがそのままゴールの中へ、アルビ1-0開志

前半終了:アルビ1-0開志

→序盤は両チーム慎重な入りも、徐々にリズムをつかむ。
アルビは⑧小田のロングポールやを起点とした攻撃を中心に確実に攻める印象。
開志は守備をしっかりと整えて、チャンスを作りカウンターに狙いを定める。
前半は終了間際にアルビが⑪鈴木の山なりボールでアルビが先制。

 

●後半(攻めの方向:アルビ→ ←開志

50’開志:ゴール!⑪大澤の右サイドから放ったシュートがゴールに決まり振り出し、アルビ1-1開志

56’アルビ:右から?が走りこんで味方からのパスをシュートしGKがいないところに入ると思われたが、右サイド後方から走りこんできた相手がギリギリのところでクリア

76’開志:⑩菅原が左からボールを保持して攻めてシュートもゴール前で相手がクリア

81’アルビ:ゴール!PKを獲得し、⑩本田がしっかり決める、アルビ2-1開志

88’開志:ゴール!⑩菅原の左CKを混戦の中、④工藤がシュートしセットプレーが決まる、アルビ2-2開志

試合終了:アルビ2-2開志

→試合は2-2の引き分けで終了、シーソーゲームの展開となった。
後半は立ち上がりに⑪大澤が右サイドから放った豪快なシュートがゴールに決まりゲームは振り出しに。
その後アルビがPKをしっかり決めてこのままゲームは終了と思われたが、土壇場で開志のセットプレーからの④工藤のゴールで引き分けで終了。

 

☆感想

プリンスリーグの開幕戦、おつかれさまでした。

アルビの今日の試合は、⑧小田選手のロングボールやFKを起点として攻撃に移るシーンが多いように見えましたね、精度が高いボールが多かったかな。
Jの下部組織なので個々の能力は間違いないと思うので、それプラス今年はどんな特徴が出てくるか楽しみにしています。

開志は⑪大澤選手のあのゴール凄かったね~、あれ狙ったのかな?
僕は見た感じだと現段階では守備をしっかりしてチャンスができたら攻める感じですかね、どんなチームになるのか楽しみにしています。

 

○勝ち点の推移
アルビ:0→1(5位)
開志JSC:0→1(5位)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です