2種:プリンスリーグ2019北信越

#32 アルビレックス新潟U-18ー新潟明訓高校【プリンスリーグ2019北信越:第13節】

トキさか
トキさか
アルビ明訓ともに上位進出へ負けられない戦いとなります。

きっかけを掴むのはどちらのチームになったでしょうか。

 

アルビレックス新潟U-18


ユニフォーム:FP   /GK   
監督:入江 徹

先発メンバー

GK
21 土山 龍都(2年/アルビレックス新潟U-15)
DF
2 辻 椋大(3年/アルビレックス新潟U-15)
3 西山 浩人(3年/東急・Sレイエス)
4 池田 壮汰(3年/上州FC高崎)
6 和田 翔琉(C)(3年/アルビレックス新潟U-15)
MF
7 千葉 玲王(3年/東京武蔵野シティFC)
8 小田 奏(2年/アルビレックス新潟U-15)
14 笹川 璃矩(2年/アルビレックス新潟U-15長岡)
FW
9 宮嶋 祐規(3年/上州FC高崎)
10 本田 修也(3年/アルビレックス新潟U-15)
15 小林 太陽(2年/アルビレックス新潟U-15)

控えメンバー

GK
1 李 相彦(3年/アルビレックス新潟U-15)
DF
13 縣 康太郎(3年/大町FC)
16 加川 遥人(2年/アルビレックス新潟U-15)
MF
17 佐々木 浩隼(2年/アルビレックス新潟U-15)
19 高橋 蒼天(1年/アルビレックス新潟U-15)
27 黒田 舜治(1年/水橋FC)
29 山本 倖生(1年/アルビレックス新潟U-15)
FW
11 鈴木 良太(3年/東急・Sレイエス)
18 白尾 柊(2年/アルビレックス新潟U-15長岡)

 

新潟明訓高校


ユニフォーム:FP   /GK   
監督:田中 健二

先発メンバー

GK
1 竹内 慎吾(3年/エボルブFC)
DF
12 田辺 大空(3年/ローカスFC)
16 梨本 俊介(2年/アルビレックス新潟U-15)
22 竹内 豊(2年/長岡JYFC)
MF
3 田村 健人(1年/エボルブFC)
13 高橋 祥太(3年/FC下越セレソンJY)
18 阿部 凜太郎(2年/アルビレックス新潟U-15)
24 高橋 一誠(C)(3年/グランセナ新潟FC JY)
28 渡邊 暖人(3年/アルビレックス新潟U-15)
FW
9 内藤 大夢(1年/グランセナ新潟FC JY)
23 陶山 聡太(3年/新潟アカデミーJY)

控えメンバー

GK
17 小竹 孝哉(2年/アルビレックス新潟U-15長岡)
DF
15 薗部 太郎(3年/FC Artista U-15)
MF
5 小山 瑠太(3年/ローカスFC)
6 秋野 太祐(3年/ジェス新潟東JY)
14 藤田 梢紘(2年/長岡JYFC)
20 田中 想人(3年/エボルブFC)
25 松原 颯也(2年/新潟アカデミーJY)
27 木村 昂暉(3年/新潟アカデミーJY)
29 本間 翔(3年/グランセナ新潟FC JY)

 

交代

(アルビ)
18′:8小田→29山本
HT:15小林→19高橋
70′:9宮嶋→27黒田
78′:7千葉→11鈴木
90′+5:14笹川→17佐々木

(新潟明訓)
56′:16梨本→14藤田
56′:18阿部→25松原
62′:9内藤→15薗部
62′:13高橋祥→29本間
82′:22竹内豊→27木村

 

前半

(攻めの方向:明訓→ ←アルビ

24′給水
→ここまで両チーム共に落ち着かない印象、目立った決定機はなし

27′明訓:相手のファールにより相手陣内中盤でFK獲得、28渡邊暖人のキックはバー大きく左

29′アルビ:今度はアルビが相手陣内中盤でFK獲得、10本田修也のキックはバー上直撃するが入らない

31′アルビ:15小林太陽がボール持って左へ抜け出してシュート体勢も明訓GK1竹内慎吾が防ぐ

36′アルビ:10本田が左サイドからボール持って攻め上がって攻撃を仕掛けるも明訓22竹内豊が脚で防ぐ

38′アルビ:7千葉玲王の右サイドからのクロスを29山本倖生がシュート打とうとするが明訓守備が防ぐ

42′明訓:9内藤大夢の右サイドからパスして12田辺大空がシュートも明訓GK1キャッチ

43′アルビ:6和田翔琉が右サイドからシュートバー上

AT+4′

45′+3アルビ:左サイドから大きくサイドチェンジして2辻椋大が受け取ってシュートもバー上

前半終了:アルビレックス新潟U-18 0ー0 新潟明訓

→両チーム落ち着かないゲームの入りとなった。
20分台に両チームともに相手陣内中盤からのFKのチャンスを得たが活かすことはできない。
得点のチャンスはアルビが多く作る。
後半は両チームもう少し落ち着かせて先制点を奪いに行きたいところ。

 

後半

(攻めの方向:アルビ→ ←明訓

49′明訓:12田辺がボール持ってシュート体勢もアルビGK21土山龍都が身体を張って守る

57′アルビ:相手のファールによりFK獲得、10本田の相手陣内中盤からのキックは明訓GK1がキャッチ

60′明訓:ゴール!24高橋一誠の右サイドからのFKはこぼれて、それを14藤田梢紘がゴール右ポストギリギリにシュートして先制点
アルビ0-1明訓

62′明訓:ゴール!12田辺がボール持ってゴール前ガラ空きで、蹴ったボールは転がりそのままゴールの中へ、2点目
アルビ0-2明訓

68′明訓:28渡邊が左サイドから大きく曲がるシュートでゴール狙うもバー上

69′:給水
→60分台に明訓が2点入れて勢いがつき攻撃の流れを作る

72′明訓:25松原颯也がエリア手前からシュートもバー上

88′アルビ:29山本のゴール正面からのシュートは明訓GK1竹内慎が防ぐ

AT+5′

45′+7アルビ:ゴール!入ったばかりの17佐々木のシュートが入り1点返す
アルビ1-2明訓

アルビの1点目が入りリスタート直後に試合終了の笛:アルビレックス新潟U-18 1ー2 新潟明訓

→60分台に明訓が2点入れて流れを作り攻勢を強める。
試合終了直前にアルビが猛攻を仕掛けて1点返すも反撃はここまでとなる。

 

感想

両チームともにお疲れ様でした。

ホームのアルビはリーグ戦3回目の観戦で2節連続の観戦となりました。
前半は攻撃のチャンスを多く作り得点の気配もありましたがなかなか生まれず、後半の連続失点後に相手に飲まれた印象でした。
試合終了直前に投入された佐々木選手の意地のゴールでなんとか1点差に抑えた形ですかね。

明訓はリーグ戦5試合目の観戦です。
前半は押され気味でしたが後半に2点入れてからチームのエンジンがかかり始めた印象でした。
残念ながら最後の最後に相手の意地のゴールで無失点とはならなかったところが悔やまれるところですかね。

 

試合概要

2019.9.1(日) 9:30
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019北信越
第13節
@新潟聖籠スポーツセンターアルビレッジ
(新潟県北蒲原郡聖籠町)

アルビレックス新潟U-18 1ー2 新潟明訓高校
>前半0-0
>後半1-2

●得点者
(アルビ)
90′+7:17 佐々木 浩隼(2年/アルビレックス新潟U-15)

(新潟明訓)
60′:14 藤田 梢紘(2年/長岡JYFC)
62′:12 田辺 大空(3年/ローカスFC)

●勝ち点の推移
アルビ:18→18(6位)
新潟明訓:18→21(4位)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です