2種:2019プリンスリーグ北信越

【2019年のプリンスリーグ北信越、唯一の平日ナイター】#25 新潟明訓高校-北越高校【プリンスリーグ2019北信越:第12節】

トキさか
トキさか
今年のプリンスリーグ北信越で唯一平日ナイターで組まれた試合。
インターハイ県予選準決勝でのこのカードは3-1で北越の勝利、今回の結果は…

新潟明訓高校

ユニフォーム:FP   /GK   
監督:田中 健二

先発メンバー

GK
1 竹内 慎吾(3年/エボルブFC)
DF
4 薗部 太郎(3年/FC Artista U-15)
12 田辺 大空(3年/ローカスFC)
22 竹内 豊U-17新潟(2年/長岡JYFC)
MF
9 本間 翔(3年/グランセナ新潟FC JY)
13 高橋 祥太(3年/FC下越セレソンJY)
18 阿部 凜太郎(2年/アルビレックス新潟U-15)
24 高橋 一誠(C)(3年/グランセナ新潟FC JY)
27 木村 昂暉(3年/新潟アカデミーJY)
28 渡邊 暖人(3年/アルビレックス新潟U-15)
FW
26 陶山 聡太(3年/新潟アカデミーJY)

控えメンバー

GK
21 吉原 遼人(3年/グランセナ新潟FC JY)
DF
11 小川 途輪(1年/F-THREE U-15)
29 梨本 俊介U-17新潟(2年/アルビレックス新潟U-15)
MF
14 田中 想人(3年/エボルブFC)
16 小山 瑠太(3年/ローカスFC)
19 秋野 太祐(3年/ジェス新潟東JY)
20 藤田 梢紘(2年/長岡JYFC)
25 松原 颯也U-17新潟(2年/新潟アカデミーJY)
FW
15 反町 太郎(2年/長岡JYFC)

北越高校

ユニフォーム:FP   /GK   
監督:荒瀬 陽介

先発メンバー

GK
1 平山 颯太U-17新潟(2年/湘南ベルマーレU-15小田原)
DF
2 土田 永遠(3年/アルビレックス新潟U-15)
3 下間 蔵之介U-17新潟(2年/上越春日FC)
5 藤吉 玲依(C)(3年/新潟トレジャーFCJY)
13 五十嵐 翔(3年/新潟市立山の下中)
MF
6 三島 旭陽(2年/FC五十嵐JY)
7 加藤 雅久U-17新潟(2年/上越春日FC)
8 浅野 俊輔(3年/新潟市立山の下中)
FW
4 中山 大(3年/村上市立朝日中)
9 庄内 碧(3年/新潟市立山の下中)
14 安藤 颯士U-17新潟(2年/アルビレックス新潟U-15)

控えメンバー

GK
17 花輪 一樹(3年/グランセナ新潟FCJY)
DF
12 棚橋 怜央(3年/新潟アカデミーJY)
21 真貝 隼輝(2年/アルビレックス新潟U-15長岡)
MF
10 大井 佑馬(3年/上越春日FC)
15 山田 真音(3年/FC五十嵐JY)
16 野口 大輔(3年/LOCUS新潟FC)
18 大野 幹弥(3年/新潟トレジャーFCJY)
19 酒井 寛崇(3年/グランセナ新潟FCJY)
FW
11 田中 翔(3年/スエルテFC)

交代

(新潟明訓)
HT:9本間→15反町
72′:12田辺→14田中
82′:18阿部→29梨本
82′:14田中→16小山

(北越)
34′:6三島→11田中
HT:3下間→12棚橋
77′:13五十嵐→16野口
83′:5藤吉→15山田

前半

(攻めの方向:北越→ ←明訓

2′明訓:26陶山聡太?の右サイドからのクロスを18阿部凜太郎が合わせてシュートもバー右

15′明訓:エリア手前でFK獲得、24高橋一誠がゴール前の味方に蹴るも合わない

19′明訓:再びほぼ同じような位置でFK獲得、24高橋が直接狙うも?得点ならず

24′明訓:今度はエリア右わき付近でFK、24高橋が蹴って味方に合ってシュートもバー上

36′北越:5藤吉玲依?が倒されて直接狙える位置からFK獲得、7加藤雅久のFKは相手の壁にブロックされる

AT+1′

前半終了:新潟明訓0-0北越

→前半はスコアレス。
明訓は序盤に連続してFKを獲得するがチャンスを生かせない、流れからの攻撃そして得点がほしいところ。
北越は普段後半から投入するFW11田中翔を早くも投入して攻撃の活性化をはかるが得点とはならず。
両チーム後半に得点できるか。

後半

(攻めの方向:明訓→ ←北越

54′明訓:24高橋がドリブルで持ち込んでからのシュートは相手にカットされる

59′明訓:相手にイエロー、24高橋のFKから攻撃の起点は作れず

61′北越:4中山大がドリブルから浮き球シュートは相手GKキャッチ

64′明訓:15反町太郎が右サイドからボールもってエリア内で相手に足で体勢崩されるも持ち直してシュートも相手GK防ぐ

68′北越:CKからセットプレーのチャンス、7加藤の左CKは味方が合わせるもバー上

76′北越:11田中が空いたコースにシュートも入らない

84′北越:2土田永遠の左サイドからのクロスからゴール前混戦からこぼれて連続してシュートとなるが入らない

87′明訓:左サイドの24高橋のFKから味方がシュートもバー大きく上

88′明訓:ここらへんから激しい展開、相手にハンド?のファールでFK獲得、24高橋が左サイドからゴール前の味方にFKも合わず

AT+3′

90′+3明訓:ゴール!4薗部太郎?が押し込んで先制
明訓1-0北越

ゴール直後に主審の笛で終了:新潟明訓1-0北越

→終盤は激しい展開となる、試合終了直前後半アディショナルタイムに4薗部が押し込んで明訓がようやく先制点。
その直後に試合終了。

感想


平日ナイターの試合となりましたがおつかれさまでした。

まず今週末いよいよ第23回国際ユースサッカーin新潟が開催されます。

両チームからもU-17新潟選抜に選ばれている選手がいるということで、日本代表と世界が相手になりますが、どのようなプレーが観れるのか楽しみにしています。

新潟明訓

新潟明訓は最後の最後に4番薗部選手の得点で勝利となりました。

この得点シーンは組織的な流れからの得点というよりも、気持ちで押し込んだという感じですかね、土壇場でのゴール素晴らしかったです。

明訓はきょうの勝利で暫定ではありますが勝ち点18の5位に順位を上げました。

きょうの試合で9月1日のプリンス13節のアルビ戦まで公式戦は中断となります。

明訓といえば田中監督の戦術と理論に基づいたハイレベルなサッカーの印象があります、これからのリーグ戦の巻き返し、そして選手権とどのようなサッカーがみれるか楽しみにしています!

北越

沖縄で行われるインターハイに向けて壮行試合となった北越は、11節に続き敗戦と2連敗、26日から始まるインターハイに向けて少し心配な材料ですかね。

今日は攻撃よりも相手に押されて守備の時間が多かったように思いました。

普段は後半から投入されることが多いストライカーの11番田中選手が前半途中から出場など、攻撃のテコ入れを図っているように見えましたが得点までは至りませんでした。

インターハイまではもう少し時間があるのでこの期間にどこまで詰めることができるか期待したいですね。

新潟から応援しています!!

こぼれ話w

普段明訓高校では野球場側が両チームのベンチになるんですが、この日は確か風が強かったのかな?、

テントが飛ばされると危ないので、観客席側が急きょ両チームのベンチになりましたね。

あとこれは個人的な話なんですが、試合が終わったのが20:30過ぎで、電車の時間が迫っていたんですよね。

明訓高校から亀田駅まで走って帰った覚えがありますw

この時間になると長岡行き1時間に1本しかないんですよね〜😅

試合概要

2019.7.11(木) 18:30
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019北信越
第12節
@新潟明訓高校グラウンド(新潟県新潟市江南区)

新潟明訓高校 10 北越高校
>前半0-0
>後半1-0

●得点者
(新潟明訓)
90′+3:4 薗部 太郎(2年/長岡JYFC)

(北越)

●勝ち点の推移
新潟明訓:15→18
北越:20→20

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です