2種:2019プリンスリーグ北信越

#22 新潟明訓高校-福井県立丸岡高校【プリンスリーグ2019北信越:第10節】

トキさか
トキさか
上位進出へ負けられない現在5位の新潟明訓が、首位の丸岡に挑みました!!

 

●新潟明訓高校

ユニフォーム:FP   /GK   
監督:田中 健二

→先発
GK
1 竹内 慎吾(3年/エボルブFC)
DF
12 田辺 大空(3年/ローカスFC)
15 薗部 太郎(3年/FC Artista U-15)
22 竹内 豊(2年/長岡JYFC)
29 梨本 俊介(2年/アルビレックス新潟U-15)
MF
13 田中 想人(3年/エボルブFC)
16 村木 美琉(2年/アルビレックス新潟U-15)
18 阿部 凜太郎(2年/アルビレックス新潟U-15)
24 高橋 一誠(C)(3年/グランセナ新潟FCジュニアユース)
28 渡邊 暖人(3年/アルビレックス新潟U-15)
FW
26 陶山 聡太(3年/新潟アカデミージュニアユース)

→控え
GK
17 小竹 孝哉(2年/アルビレックス新潟U-15長岡)
DF
11 小川 途輪(1年/F-THREE U-15)
MF
6 高橋 祥太(3年/FC下越セレソンジュニアユース)
7 本間 翔(3年/グランセナ新潟FCジュニアユース)
14 小山 瑠太(3年/ローカスFC)
19 秋野 太祐(3年/ジェス新潟東ジュニアユース)
20 藤田 梢紘(2年/長岡JYFC)
25 松原 颯也(2年/新潟アカデミージュニアユース)
27 木村 昂暉(3年/新潟アカデミージュニアユース)

 

●福井県立丸岡高校

ユニフォーム:FP   /GK   
監督:小坂 康弘

→先発
GK
1 倉持 一輝(3年/南葛SC)
DF
2 遠藤 悠生(3年/柏崎ユナイテッド)
MF
4 藤本 輝晶(3年/坂井市立春江中)
8 川中 浩夢(2年/坂井フェニックスJY)
14 小谷 武哉(2年/坂井フェニックスJY)
22 田中 遥人(2年/坂井フェニックスJY)
FW
10 田海 寧生(C)(3年/坂井フェニックスJY)
11 明間 希(3年/坂井フェニックスJY)
13 田島 優也(3年/坂井フェニックスJY)
16 河上 英瑞(2年/レアボーラテクノFC)
19 西 陸(3年/福井工業大学附属福井中)

→控え
GK
17 山口 和真(3年/坂井市立丸岡中)
DF
5 飯田 晃明(2年/坂井フェニックスJY)
6 斎藤 匠(3年/坂井市立丸岡中)
20 平澤 和磨(3年/坂井市立丸岡中)
23 中出 怜央(2年/坂井フェニックスJY)
MF
7 中村 晃大(2年/坂井フェニックスJY)
9 柳谷 亜再飛(2年/高石中央FC)
15 安部 駿(3年/エルバFC)

 

●交代
(新潟明訓)
HT:16村木→20藤田
64′:18阿部→7本間
73′:12田辺→14小山
86′:22竹内豊→27木村
86′:28渡邊→25松原

(丸岡)
46′:19西→7中村
57′:11明間→20平澤
75′:22田中→9柳谷

 

●前半(攻めの方向:丸岡→ ←明訓

22′丸岡:8川中がシュートも相手ディフェンスが防いでバー上

25′明訓:15薗部が相手と交錯して一時中断、その後ピッチに戻る

39′丸岡:11明間のエリア前右からのシュートは相手GKキャッチ

44′明訓:13田島の左サイドからのロングスローは右に大きくこぼれて?味方がシュートも入らず

AT+1′

前半終了:明訓0-0丸岡

→全体的に若干丸岡が押しているも両チーム目立った決定機は無し。

 

●後半(攻めの方向:明訓→ ←丸岡

50′丸岡:10田海が左サイドからドリブルで持ち込んでシュートもゴール大きく左

60′明訓:13田中の右サイドからのクロスを15薗部が折り返しのシュートはバー右

61′明訓:13田中の相手GK正面のシュートはバー右

78′丸岡:ゴール!味方のシュートのこぼれ球を7中村がシュートして決まる
明訓0-1丸岡

83′丸岡:7中村のシュートは相手GK防ぐ、こぼれて10田海がシュートもバー上

AT+3′

90′+1:ゴール!7中村のシュートはバー上に当たって跳ね返ってゴールの中へ
明訓0-2丸岡

試合終了:明訓0-2丸岡

→後半の終盤に丸岡が立て続けに2点入れて勝利を収めた。
丸岡は個の力で圧倒する選手は見受けられなかった印象だが、チーム力や粘り強さで勝利を手繰り寄せた。

 

☆感想

両チームともにおつかれさまでした。

明訓は今季リーグ戦は3試合目の観戦でした。
まず試合は敗れていましたが、点差ほどの差はあまりなかったように思いました。
全体的に攻撃のリズムが単調で、もう少し緩急を入れると相手を惑わすことができるのかもしれないですね。
流れからの攻撃、そして得点までつなげられるパターンがあるといいなと思いました。
これからに期待したいところです。

首位を走る丸岡は今季初めての観戦、チームとしても史上初の観戦となりました。
先ほども書いた通り、個の力で攻めるよりもチーム全体で相手を圧倒している印象でした。
勝ちたい気持ちも伝わってきましたね。
福井県1部から昇格して初年度で現在首位と非常に好調ですね、このまま丸岡旋風が続くのか注目です。

 

2019.6.30(土) 10:30
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019北信越
第10節
@新潟明訓高校グラウンド
(新潟県新潟市江南区)

新潟明訓高校 0-2 福井県立丸岡高校
>前半0-0
>後半0-2

●得点者
(新潟明訓)

(丸岡)
78′:7 中村 晃大(2年/坂井フェニックスJY)
90′+1:7 中村 晃大(2年/坂井フェニックスJY)

●勝ち点の推移
新潟明訓:15→15(6位)
丸岡:22→25(1位)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です