2種:プリンスリーグ2019北信越

#35 新潟明訓高校ー星稜高校【プリンスリーグ2019北信越:第16節】

トキさか
トキさか
明訓がホームに石川県の星稜を迎えました。

ひとつでも上の順位へ行きたい両チームの対戦です。

 

新潟明訓高校


ユニフォーム:FP   /GK   
監督:田中 健二

先発メンバー

GK
1 竹内 慎吾(3年/エボルブFC)
DF
12 田辺 大空(3年/ローカスFC)
15 薗部 太郎(3年/FC Artista U-15)
22 竹内 豊(2年/長岡JYFC)
MF
3 田村 健人(1年/エボルブFC)
9 本間 翔(3年/グランセナ新潟FC JY)
13 高橋 祥太(3年/FC下越セレソンJY)
24 高橋 一誠(C)(3年/グランセナ新潟FC JY)
26 木下 裕介(2年/グランセナ新潟FC JY)
28 渡邊 暖人(3年/アルビレックス新潟U-15)
FW
23 陶山 聡太(3年/新潟アカデミーJY)

控えメンバー

GK
21 吉原 遼人(3年/グランセナ新潟FC JY)
DF
16 梨本 俊介(2年/アルビレックス新潟U-15)
MF
5 田中 想人(3年/エボルブFC)
6 秋野 太祐(3年/ジェス新潟東JY)
14 藤田 梢紘(2年/長岡JYFC)
18 阿部 凜太郎(2年/アルビレックス新潟U-15)
19 小山 瑠太(3年/ローカスFC)
27 木村 昂暉(3年/新潟アカデミーJY)
FW
11 内藤 大夢(1年/グランセナ新潟FC JY)

 

星稜高校


ユニフォーム:FP   /GK   
監督:河﨑 護

先発メンバー

GK
1 影近 大輔(3年/星稜中)
DF
3 渡邉 蒼(3年/清水エスパルスJY)
4 桶作 拓海(C)(3年/星稜中)
5 別宗 裕太(3年/ヘミニス金沢)
16 川口 優大(3年/ベガルタ仙台JY)
MF
6 辻野 成望(3年/千里丘FC)
9 廣島 大雅(2年/千里丘FC)
14 川本 虎太郎(2年/コンサドーレ旭川U-15)
19 堂鼻 嘉勝(3年/ガンバ大阪JY)
FW
11 白鳥 橘平(3年/FC東京U-15深川)
13 有田 光来(3年/新潟市立南浜中)

控えメンバー

GK
20 河﨑 康太朗(3年/金沢市立大徳中)
DF
2 奥秋 賢将(3年/駿台学園中)
MF
8 中村 日向(3年/星稜中)
18 戸川 期雄(1年/  )
FW
10 土橋 柊斗(3年/ガンバ大阪門真JY)
24 中村 実月(1年/  )

 

交代

(新潟明訓)
62′:26木下→19小山
62′:9本間→14藤田
67′:12田辺→5田中
87′:5田中→27木村
87′:22竹内豊→11内藤

(星稜)
79′:11白鳥→10土橋
88′:13有田→8中村日
90′+2:5別宗→2奥秋

 

前半

(攻めの方向:星稜→ ←明訓

7′星稜:左サイドFKから混戦になり決定機となるも生かせず

16′明訓:ゴール!28渡邊暖人のエリア内左からのループシュートはゴール右端に入って先制点
明訓1-0星稜

26′明訓:26木下裕介のペナルティアーク前からのミドルシュートはバー右

29′星稜:ゴール!3渡邉蒼のエリア前からのシュートは相手GK防げず同点弾
明訓1-1星稜

31′明訓:28渡邊の左サイドからのFK獲得も、味方がいる前線の位置には合わず

AT+2′

前半終了:新潟明訓1-1星稜

→前半は1点ずつ入れて終了、試合はほぼ互角の展開か。
両チームともに堅い守りでシュートもあまり生まれず、後半の試合運びはどうなるか。

 

後半

(攻めの方向:明訓→ ←星稜

50′明訓:23胸山聡太のエリア内右からのループシュートはバー上

53′星稜:?が右サイドからクロスを上げるが相手GKしっかりキャッチ

54′明訓:26木下がボールを自分で持ち込んでシュートもバー惜しくも右

58′星稜:ゴール!19堂鼻嘉勝の右サイドからのクロスを14川本虎太郎が頭で合わせて逆転弾となる2点目
明訓1-2星稜

64′星稜:ゴール!13有田光来がボール持って抜け出してフリーとなりシュートして相手GK1回防ぐも、こぼれ球を再び13有田が自分でシュートして3点目
明訓1-3星稜

73′明訓:28渡邊がエリア内にドリブルで運んで相手守備をかわしてシュートも相手GKキャッチ

AT+3′

90′+3星稜:ゴール!8中村日向?のシュートは相手に当たってゴールの中に入りオウンゴールとなる

星稜の4点目の直後に笛が鳴り試合終了:新潟明訓1-4星稜

→星稜が3点追加して終了し、連敗は3で止まり12節以来の勝利となる。
明訓は後半の序盤から中盤にかけて守備が崩れて一気に2失点、選手を入れ替えて立て直しを図るも攻勢をかけられずそのまま終了。

 

感想

おつかれさまでしたでした。

 

ホームの明訓はリーグ戦6試合目の観戦です。

全体的に見ると前半は相手と互角に渡り合ってるように見えましたが、後半に守備が崩れて一気に負けへ傾いてしまった印象ですかね。
リーグ戦は勝ち点で4位以下が確定していてプレミアプレーオフは出場できないとなってますので、これからは選手権に向けてのチーム作りが始まってると思います。
選手権に向けてどのようなチーム作りがされるか注目したいですね。

きょう気になったのは28番の渡邊暖人選手ですかね、本日1得点です。
前半の得点のシーンでは、ゴールと相手GKの間は狭いスペースだったんですけど、エリア内からのループシュートと言うか山なりのシュートが入ったのは印象に残ってますね。
後半には相手を上手くかわしてのシュートシーンもありましたね。

 

試合概要

2019.9.21(土) 10:30
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019北信越
第16節
@新潟明訓高校グラウンド
(新潟県新潟市秋葉区)

新潟明訓高校 1ー4 星稜高校
>前半1-1
>後半0-4

●得点者
(新潟明訓)
16′:28 渡邊 暖人(3年/アルビレックス新潟U-15)

(星稜)
29′:3 渡邉 蒼(3年/清水エスパルスJY)
58′:14 川本 虎太郎(2年/コンサドーレ旭川U-15)
64′:13 有田 光来(3年/新潟市立南浜中)
90′+3:オウンゴール

●勝ち点の推移
新潟明訓:21→21(5位)
星稜:16→19(7位)

公式記録

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です