2種:2018高校サッカー選手権新潟

日本文理高校-帝京長岡高校【2018第97回高校サッカー選手権新潟県大会:準決勝第2試合】

☆プリンスでは2戦とも帝京長岡が大量得点で勝利、選手権でも同じような展開になったのでしょうか。

 

2018.11.4(日)
第97回 全国高校サッカー選手権大会 新潟県予選
準決勝第2試合(80分マッチ)
@新発田市五十公野公園陸上競技場

日本文理高校 2-3 帝京長岡高校
>前半1-1
>後半1-2

●得点者
(日本文理)
前半27′:⑥松岡 純弥(3/OFCファンタジスタ)
後半33′:⑦本宮 信也(3/F.C.ESTNOVA)

(帝京長岡)
前半11′:⑬丸山 喬大(2/新潟トレジャーFC)
後半2′:⑪晴山 岬(2/長岡JYFC)
後半40′+3:⑫中島 颯太(3/エスプリ長岡)

 

●日本文理高校
ユニフォーム:FP   /GK   
リーグ成績:プリンス9位
監督:駒沢 隆一

→先発
GK
③千葉 隆弘(3/MK FC)
DF
④大滝 史渡(3/エボルブFC)
⑦本宮 信也(3/F.C.ESTNOVA)
⑯廣井 唯翔(2/エボルブFC)
MF
⑥松岡 純弥(3/OFCファンタジスタ)(C)
⑭古俣 眞斗(2/エボルブFC)
⑱中林 海成(2/アルビレックス新潟U-15)
FW
⑪佐藤 大雅(3/リーベルプントFC)
⑰齋藤 山斗(2/新潟市立内野中)
⑳秋元 圭太(2/横浜ジュニオールSC)
㉒長﨑 颯真(1/IFC)

→控え
GK
㉕平塚 竜輝(1/横浜ジュニオールSC)
DF
②関谷 岳人(3/F.C.ESTNOVA)
⑮岩井 優月(2/エボルブFC)
㉔内田 大知(1/エボルブFC)
MF
⑤本間 未来斗(3/アルビレックス新潟U-15)
⑧吉田 駿(3/エボルブFC)
⑩高橋 雄大(3/東京ヴェルディジュニアユース)
⑲種村 元太(2/アルビレックス新潟U-15)
㉑井戸 大雅(2/SC相模原ジュニアユース)

 

●帝京長岡高校
ユニフォーム:FP   /GK   
リーグ成績:プリンス3位
監督:古沢 徹

→先発
GK
⑰猪越 優惟(2/FCみやぎバルセロナ)
DF
②小泉 善人(3/長岡JYFC)(C)
③長渡 彗汰(3/長岡JYFC)
④吉田 晴稀(2/長岡JYFC)
⑥手塚 克志(3/上松町立上松中)
MF
⑩矢尾板 岳斗(2/長岡JYFC)
⑬丸山 喬大(2/新潟トレジャーFC)
⑭谷内田 哲平(2/長岡JYFC)
㉒梨本 夢斗(3/FC五十嵐)
FW
⑦田中 克幸(2/FC Viparte)
⑪晴山 岬(2/長岡JYFC)

→控え
GK
㉑伊藤 聖馬(2/長岡JYFC)
DF
⑤吉田 勇介(2/長岡JYFC)
⑱稲田 光佑(2/アラグランデFC)
MF
⑫中島 颯太(3/エスプリ長岡)
⑮岩﨑 慶太(2/FC緑)
㉕礒貝 飛那大(3/エスペランサ熊本)
FW
⑧本田 翔英(2/長岡JYFC)
⑨冬至 直人(3/泉クラブ)
⑯小池 晴輝(3/長岡JYFC)

 

●選手交代
(日本文理)
前36’:⑥松岡→㉑井戸
後19’:㉒長﨑→⑩高橋
後25’:⑪佐藤→㉔内田

(帝京長岡)
HT:⑩矢尾板→⑨冬至
後30’⑨冬至→⑫中島
後40’㉒梨本→㉕礒貝

 

●前半(攻めの方向:文理→ ←帝長

3’帝長:⑦田中のシュートは相手GK防ぐ

6’帝長:⑥手塚が左サイドからクロスを上げようとするも相手にクリアされる

11’帝長:ゴール!⑭谷内田の縦パスを⑬丸山がシュートし得点となる、文理0-1帝長

27’文理:ゴール!⑥松岡がシュートしバー上に当たるも跳ね返ってゴールの中へ、文理1-1帝長

34’帝長:味方からパスでつないだボールを⑪晴山がシュートもバー上

AT+2′

40’+2帝長:⑦田中がゴール手前で相手からボールを奪いドリブルで突破し、ゴール正面にいた⑬丸山にパスしシュートもバー上

前半終了:文理1-1帝長

→前半は1点ずつ分け合う展開
試合は帝長が若干優勢に見えるもスコアは同点でまだ分からない。
文理は⑥松岡のスーパーゴールで試合を振り出しに戻すことに成功し、後半にリードを広げたい。

 

●後半(攻めの方向:帝長→ ←文理

2’帝長:ゴール!⑬丸山がドリブルで持ち込んでパスしそれを⑪晴山がシュートしゴールの中へ、文理1-2帝長

7’帝長:⑦田中?のシュートは相手GKキャッチ

13’文理:⑳の左サイドからのシュートはバー左

22’帝長:⑪晴山のバイタルエリアからのシュートはバー上

23’帝長:⑭谷内田が左サイドから走りこんで来て豪快なループシュートはバー右

33’文理:ゴール!CKを⑦本宮がヘッドで合わせ再び同点とする、文理2-2帝長

AT+3′

40’+3帝長:ゴール!⑦田中が右サイドから上げたクロスを⑫中島がヘッドで合わせ土壇場で勝ち越し、文理2-3帝長

試合終了:文理2-3帝長

→後半はシーソーゲームの様相を呈した。
後半開始直後に帝長が⑪晴山がゴールを上げリードを広げてこのまま帝長優勢と思われたが33分、文理⑦本宮のセットプレーでの得点で再び同点。
このまま延長かと思われたアディショナルタイム、帝長が⑫中島の意地のヘッドで帝長再びリード。
最終局面、文理のボールとなり相手陣地に右サイドから持ち込みシュートを連続して打つも、相手ディフェンスに阻まれ帝長がクリアした直後に笛が鳴り響き試合終了。
帝京長岡の2年ぶり決勝進出となった。

 

☆感想

はい、ということでおつかれさまでした、最後まで分からない試合でしたね。

帝京長岡の皆さん、2年ぶりの決勝進出おめでとうございます。
いつしか、まあ前のブログになりますけど3年生の活躍が鍵になるのではと書きましたけど、まさに今日はその3年生が活躍した試合だったのではないでしょうか。
今の3年生が1年生だった時の先輩たちの全国で味わった悔しさ、そして昨年度全国に出場できなかった悔しさを晴らすチャンスが手に入るまであと1勝です。
相手は勢いに乗る北越です、応援しています。

日本文理の皆さん、選手権新潟予選連覇を目指した戦いはここまでとなります、おつかれさまでした。
昨年はプリンス初年度4位、インハイ県制覇、そして選手権県制覇&全国ベスト8と大躍進の年だったと思います。
しかし今年は非常に苦しいシーズンとなりました。
最後の最後ですね、右サイドからボールを持ち込んで何回も何回もシュートを打ち込むシーンがありましたが、本当に勝ちたいという気持ちが伝わってきました。
そして、応援の方も素晴らしかったと思います。
昨年度の選手権の全国の舞台から思っていたんですが、文理の攻撃のターンと吹奏楽部の「ルパン三世のテーマ」ですかね、これが絶妙にマッチすると本当に相手の脅威になると思うんですよね。
選手と応援席が一体となって勝利を掴みとりに行くという思いが伝わってきました。
今日時点で来季のトップチームはプリンスか県1部かまだ分かりませんが、来季はもう一度頂点を取り戻す戦いになると思います。
復活のカモン文理、期待しています。
1年間ありがとうございました。

【2種】2018年度(平成30年度) 第97回全国高校サッカー選手権大会 新潟県大会試合予定・結果 決勝:11月11日(日) @デンカビッグスワンスタジアム 北越 1-4 帝京長岡 →観戦しました! 準決...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です