2種:2018インターハイ新潟

国際情報高校-塩沢商工高校【春季中越地区2018:順位決定戦】

→ともに初戦で敗退したチームによる順位を決めるための試合です。どうなったか見ていきましょう。

 

2018.5.6(日)
春季中越地区2018:順位決定戦(70分マッチ)
@長岡ニュータウン運動公園Bコート

国際情報高校 6-1 塩沢商工高校

リーグ:国際情報→–、塩沢商工→–

●得点者
(国際情報)
前半2′?
前半4′⑩(PK)
前半14′⑧
後半14′?
後半29′⑩
後半32′?
(塩沢商工)
後半0′?

 

●前半

2′KJ:試合開始早々にゴールが決まる

4′KJ:相手選手にペナルティエリア内で倒されPK獲得→⑩がPKを決める

8′KJ:⑩のシュートはバーの右

14′KJ:⑧のシュートでゴールが決まる

26′KJ:③が負傷し、1時的に10人となる→約3分後に復帰

前半終了:国際情報3-0塩沢商工

→前半は国際情報の攻撃の時間帯が多かった。ただ塩沢商工が攻めている場面もあり、スコア上では国際情報が3-0と有利だが、塩沢商工が1点返せば勝負はまだわからない。続いて後半です。

 

●後半

0′塩沢:シュートに相手GKは反応したが、間に合わずゴールが決まる

12′KJ:CKからの得点のチャンスとなるが決まらない

14′KJ:ゴールが決まる

15′KJ:⑦のシュートはバーのの右

19′KJ:⑩のシュートは相手GKがキャッチ

22′KJ:⑩のシュートは惜しくもバーの左

25′KJ:CKからの波状攻撃となるが決めることはできない

29′KJ:⑩がバイタルエリア付近から放ったシュートが見事に決まり、ゴールとなる

31′KJ:⑦のシュートはバーのの左上

32′KJ:混戦からのゴールが決まる

試合終了:国際情報6-1塩沢商工

→後半は開始1分立たないうちに塩沢商工が1点を返すも、それ以降は得点は生まれず後半29分の国際情報⑩の見事なゴールを含む3得点、前半と合わせて6得点で国際情報が圧勝した。

 

☆感想
国際情報の⑩番の選手の後半29分のゴールはお見事でした。この選手、ちょっと気になる選手ですね。
塩沢商工はGKが積極的に上がってくる選手でしたのでそれが印象に残ってます。
普段なかなか見られない両チームでしたので、また違ったサッカーのおもしろさを発見できました。ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です