2022プリンスリーグ北信越第1節|帝京長岡、開幕戦は後半に3Gで勝利
スポンサーリンク

かとう

どうも、かとうです!

 

@tokisc0_0 @tokisc0_0
@tokisc.mori0.0

 

↑各種SNSのフォローもお願いします!!

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2022 北信越がついに開幕しました。

同リーグ連覇、そして悲願のプレミア昇格を目指す帝京長岡の開幕戦です。

スポンサーリンク

開幕戦はアウェーで昇格組の遊学館と対戦

帝京長岡の初戦はアウェーで昨シーズン石川県リーグ1部優勝で、プレーオフを勝ち抜いた私立の遊学館との対戦となりました。

公式記録より帝京長岡のスタメンは今シーズンのキャプテン桑原航太選手(3年/東京ヴェルディジュニアユース)はDF、

GKは1年生の選手権時からゴールマウスを守る佐藤安悟選手(3年/長岡JYFC)、

14番にはこちらも1年生時から主力の廣井蘭人選手(3年/長岡JYFC)は14番を着用しての出場、などとなりました。

最近だとGKの佐藤選手は高校選抜、廣井選手はアンダー世代の代表の招集も記憶に新しいところですね、チームの外での活躍にも注目です。

試合概況

前半は帝京長岡が中盤や前線の選手中心に合計8本放つもゴールとはならなかったようです、おそらく押し込んでいたようなのでいつもの攻撃力は健在のようです。

後半もなかなか得点が生まれない状況が続き、試合も終盤に差し掛かろうとした79分、数分前に交代で入った13番山村朔冬選手(2年/大阪・賢明学院中)ゴールを決めてようやく先制点が生まれました。

その後は流れに乗って87分には10番堀颯汰選手(2年/愛知・FC FERVER)が2点目を決めました。

試合終了間近後半アディショナルタイムに交代で入った8番橋本燦選手(2年/東京・FC杉野)がこの交代直後に3点目となるゴールを決めて試合終了となりました。

ゴールを決めた3選手はいずれも2年生、途中から入った選手のゴールも2点ありましたので今年も厚い選手層からどんな選手が出てくるか楽しみです。

 

帝京長岡は次節4月9日土曜日に、アウェーで松本山雅FC U-18と対戦します。


試合情報

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2022 北信越
第1節(45-45)
【01】04/03(日) 10:30 金沢大学
遊学館 0前半0
0後半3
試合終了
帝京長岡
  得点者 79′:13 山村 朔冬
87′:10 堀 颯汰
90′+4:8 橋本 燦
0→0(9位) 勝ち点の推移 0→3(1位)
JFA速報 公式記録

かとう

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

もしこの記事を気に入っていただけたら、各種SNSへシェア等拡散お願いします!

 

また、僕が運営している各種SNSのフォローも活動の励みになりますのでこちらもぜひお願いします!!

@tokisc0_0 @tokisc0_0
@tokisc.mori0.0

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事